google-site-verification=Iu-z6so22cvaWxuw_4rixoPr0nXrlBDdtcCtmrNSVNQ
ドンと来い!アジア!
サエッキー

アジア 行ったり来たり備忘録 ('ω') 

シェムリアップのオススメご飯

2019年07月01日
カンボジア 0




シェムリアップでオススメの店

こんにちは。サエッキーです。

カンボジアでの朝ごはんに、定番と言っていいバイサイチュルーク(焼き肉のせご飯)。
1561907542347_convert_20190701003843 (1)

店によって、ガスコンロでお肉を焼いていますが、炭火で焼いてる美味しい店があるので紹介します。

焼いている周辺には、足元に炭・炭・炭。
1561907420836_convert_20190701003708 (1)



『炭火焼きのバイサイチュルーク店(店名を知りません)』

この店は、朝6時には営業してますが、昼より前には売り切って閉まってしまいます。
1561907609837_convert_20190701003949 (1)

メニューは、玉子焼きのせか、焼き肉のせか、その両方をのせたご飯と甘酢漬けの野菜、それにスープが付いてきます。

これで1ドル1000レアル
(135円相当)
1561907493066_convert_20190701003821 (1)

⚠ローカルのお客さんが多いので、皆さんが食べてる状況ではティッシュなどが足元に散乱してる事があって、日本人的にはよろしくないかもしれません。

⚠また、炭火を使っているため、煙が凄いです。

気にならない服装で行って下さい。
1561907588167_convert_20190701003927 (1)

⚠後は、炭火で焼いて外で食べるシステムなんで、ハエが来ます。

美味しいですが、プラスチックのイスとテーブルはこんな感じなのはご愛敬。
1561907468825_convert_20190701003758 (1)

そうした習慣が気にならないあなたには、超オススメです。

やっぱり、朝からガッツリ炭火焼きの肉が頬張れるのは最高です。
1561907399140_convert_20190701003646 (1)

脂身とかも、美味しいです。

たまにスープがムチャクチャ熱い時があるので、フゥフゥしながら食べて下さい。

本来なら、ネギ入りの玉子焼きものせたバイサイチュルークもあるんですが、僕は毎朝「いつものヤツ」みたいな感じで、伝えなかったんで、焼き肉のせたバイサイチュルークしか写真がありません。

また、今度シェムリアップに行った時に撮って来ますね。
data-ad-client="ca-pub-9710700070815529">


そして、ありがたい事に、Twitterからこの記事に反応がありました。

思った以上に嬉しいです。

Kohei@Hotel Automation(@koheiimazu)さん、ありがとうございました。


この店は、お昼を過ぎると、ご覧の通りキレイに片付けられます。
1561907373747_convert_20190701003616 (1)

朝だけ営業して、終わったら店を片付けて、消える。

カンボジアでは、よくあるスタイルです。

場所はこちらのATM周辺です。



『Family rice noodle & chives cake』

もう1店紹介します。

この店で出て来るメニューは、細切れの炒め麺に、もやしとニラの豚肉炒め、小麦粉とニラを混ぜて揚げたヤツ、それに目玉焼きをのせた料理が基本で、後はその変形バージョンでいろいろメニューがある感じです。

こんな感じ。
1561907717480_convert_20190701004126 (1)
こちらは豚肉入りとかで
1ドル2000レアル
(162円相当)しました。

1561907673355_convert_20190701004035 (1)

ソースとチリソースをかけて、いただきます。
1561907739827_convert_20190701004147 (1)


1561907782088_convert_20190701004249 (1)

店の名前が『Family rice noodle & chives cake』となっています。

家族用の店なのでしょうが、米粉を使った麺「rice noodle」とニラのケーキ「chives cake」を炒めたメニューです。

日本人的には、
この「ニラのケーキ」って何だよ?

と思うかもしれませんが、
ケーキ「cake」の意味って、

①洋菓子
②(薄く平たい)固い塊
③(魚のすり身などの)
  平たく固めたもの

という意味があるみたいなんですよ。

この場合、②の薄く平たい塊の事でしょうね。
(魚要素は皆無でした。)

揚げ物の中にニラが入っています。
1561907697092_convert_20190701004100 (1)


バナナの葉っぱに包んで持ち帰りも出来ますが、ソースを小さなビニール袋に入れてくれます。
1ドル1000レアル
(135円相当)でした。
1561907825439_convert_20190701004336 (1)

けれど持ち帰りだと、お皿に移して食べる以外は食べるのが大変。

添いつけのプラスチックの小さなスプーンで食べる場合、麺がコマ切れなのでこれが掬いにくい…。

ソースをかけて食べるんですが、上手く食べないと、アチコチ漏れ易いかも。

ちょっと食べにくかったです。

僕は普段からティッシュを持ち歩いてるので、すぐ拭いて問題なかったですが、店内で食べた方が間違いなく食べやすいです。
1561907646614_convert_20190701004012 (1)

この店は、カンボジアのテレビか何かで宣伝でもされているんじゃないか、というくらい夕方にお客さんが集まり、整理するための警備員もいるくらいです。
1561907803036_convert_20190701004313 (1)

そもそも、店の周りに駐車場が1つもないにも関わらず、やたらとお客さんがバイクや車で店に来ます。


最初、泊まっていたホテル周辺に何もなくて、何となく人の動きを見ていたら、出入りの多い店があったので僕も入ってみました。

凄い人気。

出来立てのアツアツが食べられて、美味しかったです。

あんまり人気だったので、開店直後に来店しました。
1561907759555_convert_20190701004208 (1)

ただ僕は40代なので、脂っこさが売りのこの店とマッチしていなかったかも。

お客さんがあんまりにも多かったので、最初の期待値が高過ぎたかな。

けれど、あなたが20代、30代なら絶対もっと楽しめるはず。
1561907847699_convert_20190701004359 (1)

こちらのメニューは、タイの屋台で売っている炒め物に原型がある気がします。

とにかく、お客さんがワイワイしてるので、気持ち的に上がる店です。

興味を持った方は、場所がこちらなので、ぜひどうぞ。


グーグルマップ上は営業時間が
6:00~22:00と書いてありますが、

現地では

15:00からの開店でした。

22:00まで開いていなかったように思います。

ご注意あれ。


ここまで読んで下さった皆さん、お疲れさまです。ありがとうございました。
(^^ゞ


にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村





関連記事

気に入ったらシェア!

サエッキー
この記事を書いた人: サエッキー
東南アジアを中心に活動中。経験した事の備忘録です。
見やすい記事を目指します。
(´・ω・`)

コメント0件

コメントはまだありません