ドンと来い!アジア!
サエッキー

アジア 行ったり来たり備忘録 ('ω') 

海外でカードを作ったのに使えない時の対処法

2019年07月10日
タイ 0

海外でカードが作りたい

僕は海外では働いていません。

そのため、カードを手軽に作りにくい状況にあります。

けれど、日本に帰国せずにカードを持っておいた方が更新時に便利と思い、ベトナムで銀行口座を作ろうとしたところ、結局銀行口座が出来てもカードは使えませんでした。

※2019年7/23 ベトナムのアグリ銀行でデビットカードが作れました。
    ↓
ベトナムの銀行口座は作りやすくなった?


その後、タイに作って放ったらかしにしていた銀行口座から、デビットカードを作って貰いました。

その過程を書いておきます。

ベトナムにて

僕はあらかじめネットの情報でtimoというオンライン銀行がベトナムにある事を知りました。



サイトの通りに登録して、ハノイの店に行ってみたところ、銀行口座を開設できませんでした。
IMG_20190417_181415_convert_20190710155826 (1)

理由は「英語が話せない人は、対応していません。」との事。

やり取りは全部英語だったのに、英語が話せないと言われました。

ここまでは、まだ分かりました。

数日後、再度電話があって、登録手続きが済んでいないと連絡がありました。

アカウントの開設を断られたと言ったのですが、開設できると言われたので店に行ってみました。

ところが、行ってみると、また英語が出来ないから無理だと断られました。
pose_kuyashii_man_271182129216954_convert_20190522102109 (1)

また…?

暑い中、歩いて行ったのに…。

我が忌まわしきtimo
IMG_20190417_181349_convert_20190710155804 (1)


仕方なく他の銀行での口座開設を試みましたが、ベトナムVISAが1年ないとダメとか、仕事をしていないからダメとかで断られました。

スタッフが書類を書きかけて、それでもダメだったVietinBank…。
IMG_20190418_141137_convert_20190710155846 (1)

TECHCOM BANKでは、定期預金だけなら口座開設OKと言われましたが、止めました。

僕は普通預金で引き落としがしたかったからです。

宿の近くにSacombankという銀行があり、見た瞬間、昔テレビで巨人の長嶋茂雄名誉監督が言っていた
「セコム、してますか?(この銀行の名は『サコム』です。)」を思い出し、そこに決めました。
IMG_20190509_101121_convert_20190710155929 (1)

窓口に妊娠が近いスタッフがいて、対応してくれました。

口座開設に必要な物
・パスポート
・ビザ
・5万ドン
(毎年SMSバンキングで1万3千ドン引かれると言われました。)
・ベトナムの携帯電話番号
(銀行からのSMSメールを受信する必要あり)
・現地の住所
(宿の住所を書きましたが、カードの受け渡しは銀行で手渡しでした。)

カードが作れるか尋ねるとOKと言われ、半信半疑でしたが、出来て来るまで1週間ほどかかると言っていました。

そして、カードが出来てきたのは16日後でした。
1562741274544_convert_20190710155726 (1)

時間はかかったけれど、ようやくデビットカードを手に入れる事が出来て、やれやれと思ったものの、口座を見ると定期預金と普通預金を指定したはずなのに、両方定期預金になっていました。

銀行カードでお金を降ろそうとしてもムダでした。

IMG_20190508_095115_convert_20190710155908 (1)
銀行カードを入れたATMの反応が上の写真
訳:「金額が口座残高を超えています。別の金額を入力してください。」

ビックリして、銀行のスタッフに問うと、普通預金は作れないと言われました。

僕はベトナムへ1ヶ月のアライバルビザで入って来ていたのですが、入国時に日本から持ち込んだ円を空港スタッフに見せて、証明書を取っていました。

その証明書を見せても、普通預金は無理だと言われました。

つまり、デビットカードがあっても僕は使えない、という事でした。

何の為にここまで待ったのか、分からない…。

僕は、他の手を考える事にしました。
⚠注意喚起

日本でも海外でもカードのスキミング詐欺などに注意しましょう。
良記事でした。
  ↓
ベトナムの銀行で作ったデビットカードの情報が漏えいした時の話



タイの銀行

僕はタイのカシコン銀行が日本語に対応している支店があると聞いていました。

よし、まずカシコン銀行に口座を作りに行こう。

しかし、タイの銀行開設には、戸籍謄本を日本大使館へ提出して、証明書を発行して貰わなければいけません。

こちらにタイのカシコン銀行の口座開設についてありました。
(はじめにバンコク銀行の口座取得記事があり、その後にカシコン銀行の記事があります。)
  ↓
タイ カシコン銀行の口座開設に挑戦

日本大使館へ行って、持っていた住民票を出そうとすると、戸籍謄本でなければダメです、と言われて僕の希望は瞬殺でした…。

本来なら、ここで終了ですが、僕は4年前に別の銀行で口座を開いていました。

その頃は、今より口座開設の規制が緩かったんです。

まったく使用せずに置きっぱなしだったので、通帳記入しても記入されませんでした。

ダメ元で、カオサンの銀行窓口で口座を再度使えないか尋ねると、お姉さんが何か手続きをして、すぐに使えるようにしてくれました。

休眠口座扱いだったらしく、1年につき180バーツ取られて、4年で720バーツ(2542円相当)取られましたが、仕方ありません。

その後、僕の銀行カードはデビットカードでなかったため、デビットカード付きの銀行カードに替えて貰う事にしました。

すると、スタッフのお姉さんは、1番料金の高いカードを勧めて来ました。
IMG_20190524_131027_convert_20190710155951 (1)

笑顔で、1番安い200バーツのカードで頼んでもお姉さんは折れません。

もう1度頼むと、やっと手続きしてくれました。
IMG_20190524_131135_convert_20190710160012 (1)

やっと、これでデビットカードが手に入ったか…。

ちょっと嬉しい気分で、タイのセブンイレブンで使おうとしてみたのですが、暗証番号を押しても店員さんからダメだ、と言われました。


「?」

意味が分かりません。

いろいろなカード払いで使ってみるのですが、まるで使えませんでした。

当時は、よくプロンポンの銀行へ行っていたので、スタッフさんに何故カードが使えないか尋ねるのですが、どうも濁った返事が返って来るだけでした。

どうして使えないのか、僕にはサッパリ分かりませんでした。

もともと、カードを作ったのがカオサンの銀行支店だったので、そこでもう1度カードが使えないから何とかして欲しいと言ってみました。

すると、OKと返事が返って来ました。

ここから、銀行スタッフのお姉さんは、やたらと電話したり、僕の携帯電話を弄ったり、パソコンの画面に入力したりで、しばらく何かやっていましたが、20分ほどでデビットカードを使用可能にしてくれました。

銀行のスタッフさんが、電話相手に
「Japanese」という単語を何度か使っていたので想像するに、タイ人じゃないからIDカードを持っていないJapaneseのお客さんを対応している、みたいな会話をしてたんじゃないでしょうか。

最初からカードを使えるようにしておいてよー、と思いましたが、とにかく使えるようになってホッとしました。

最近、逆に日本のクレジットカードが使えない時があるので気になっていますが…。

以上、再現性があるかないか分かりませんが、参考になれば嬉しいです。


今回は、ここまでです。

ここまで読んで下さった皆さん、お疲れさまです。ありがとうございました。
(^^ゞ


にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村





関連記事

気に入ったらシェア!

サエッキー
この記事を書いた人: サエッキー
東南アジアを中心に活動中。経験した事の備忘録です。
見やすい記事を目指します。
(´・ω・`)

コメント0件

コメントはまだありません