google-site-verification=Iu-z6so22cvaWxuw_4rixoPr0nXrlBDdtcCtmrNSVNQ
ドンと来い!アジア!
サエッキー

アジア 行ったり来たり備忘録 ('ω') 

絵本を読み聞かせたら一生が変わる?

2019年07月14日
0

本を読むって、自己投資として最高にコスパが良いです。

何と言っても、1度自分の心に染み込むと、生涯、自分が死ぬまで心の宝物として続いて行く訳だから。

これね。

どうせなら、出来るだけ若い内に気付いた方が、もっともっとコスパが良いと思いませんか?

何にでも初歩的な第1歩があると、あなたのお子さんはその後、花開きます。

逆に、第1歩がないと、いつまで経っても下地ができないまま、時間だけ過ぎて行くパターン。

つまり、小さな頃に読んで貰った絵本が、本を読む第1歩になって来るから、取っ掛かりが欲しいと思う訳ですよ。

もし出来るなら幼稚園に入る前から読み聞かせた方がいいです。


僕が出会った園長さん

僕がそう言う理由は、次の人に出会った事がキッカケになっています。

知り合いに幼稚園の園長さんをしてる男性がいるのですが、彼は元々高校の先生をしていました。

けれど、先生をしていて、自分の言う事を子ども達が聴いてくれない、という経験を重ねます。
family_hankouki_haha_musuko_convert_20190617212928 (1)
彼は、結局、高校の先生を辞めましたが、そこで諦めた訳ではありませんでした。

そして、幼稚園を始めます。

何故か?

幼稚園の内なら、話が子ども達に馴染なじみやすいから。
youchien_sanpo_convert_20190617213110 (1)

僕はナルホド、と思ったわけです。

やっぱり、ちっちゃな頃に染み込んだ話は、大きくなってからこそ、生きてくるんだ…。
shinpai_oya_man_convert_20190617213045 (1)

そう思ったので、お父さんやお母さんは、子どもさんが小さい内から絵本を読んであげるといいです。

それで、本を通して、ちょっとした会話が出来たら、もっといいです。

思春期前に、たくさん話が出来ていると、親子の信頼関係に良い影響があります。

僕も、幼稚園に入る前に母親が絵本を読んでくれて、母のいない時は、絵本の絵だけ見ながら反芻はんすうしてた思い出があります。
reading_girl_convert_20190617213024 (1)

僕の母は弟の方を愛していたので、あまり僕に優しくなかったかもしれません。

しかも、父がよく暴力を振っていたので、思春期になると僕はその鬱屈うっくつを母にぶつけたりしてしまいました。

でも、その後で心の中ではどうしてこんな事を言ってしまうんだと、後悔して泣いたりしました。

これは、父が暴力を止めたら解決していたような気がしますが、泣けて来た時は絵本を読んでくれた母の事を考えたりしました。

絵本の読み聞かせって、小さな頃の大事な思い出になっていると、どこかで子どもに引っかかる物です。



大事な事

ただ、間違えないで貰いたいのは、読書は人に強制された瞬間から、楽しくない物でしかなくなるという事実です。

人には2種類の人間がいます。

1人は、行動する人間。

もう1人は物を書く人間。
(読書好きなタイプは、こっちですね。)

本を読むなんてツマラナイ、と感じている子どもさんに強制したら、心に一生の傷が残ります。

いや、こう言い換えた方が良いかもしれません。

嫌いな読書を強制された子どもさんは、二度とあなたを信頼しません。

人間、嫌な物は嫌なんです。
gakkari_tameiki_man-781x500_convert_20190712121159 (1)

これを回避するための、良い方法があります。

それは、本を強制しない事です。

(ꐦ°д°)?!!
「そんなん、当たり前や!!」

という声が聴こえてきそうですね…。

どうすれば強制にならないか、を具体化するのが意外と難しい訳です。

どうしたら良いと思いますか?








・・・・。

解決策を言います。

答えは、読書環境を整える、です。

(ꐦ°д°)?!!
「何したら、ええねん!」

と思った方は、自分の好きだった本を買って、子供さんの部屋の本棚に並べておいて下さい。



もう、この際、子どもさんが読んでも読まなくても良いです。

あなたが好きな本なんですから。

しかも、子どもさんが読んだあかつきには、好きだった本について親子の会話が成立します。

親子は親子でも、特に父親と息子って、息子さんが思春期に入ると、会話自体がなかなか成立しにくいというか、問答無用で息子さんが無視して来たりしませんか?
family_kenka_kakushitsu_convert_20190712121130 (1)

娘さんもお父さんを無視して来ますよね…。

こうなる前に、あなたの好きな本を、子どもさんの本棚にプレゼントしておくんです。

これ、本好きの子どもさんには「プレゼント」として直接渡した方が効果的なのは、言うまでもありません。

でも、小さな内から本棚か、どこか目の付く場所に本が置いてあったら、子どもさんは見た目は変化がないかもしれませんが、かなり気になります。

あなたは靴屋の小人さん役

いつの間にかプレゼントを送るサンタクロースは、子どもの内は通用するかもしれません。

ですが、難しい時期が来る前に、そっと部屋に本を置いてあげましょう。

もしかしたら、それでも、プレゼントした本を

「こんな物、持ってくんぢゃねー!」

と床に叩きつける子どもさんもいるかもしれません。

そこは、そんな行動もあなたの心に折り込んでおいて下さい。

親子でお互いが熱くなると、取っ掛かりがなくなって、後で困ります。

1歩引いて、冷静に見守る姿勢があると、その後が変わって来ます。
(いつもそう上手くは行かないでしょうけど。難しいですよね…。)

それも、後になって、思い出として語れる日が来るかもしれませんからね。
siawase-1_convert_20190712121218 (1)

僕が子どもで、母の前で床に本を叩きつけたら、後になって自分の心に痛みが走ってしまいます。

世の中、そんな人間ばかりじゃないでしょうが。

今の日本は、環境がどんどん悪化している中なので、厳しい子どもさんもいると思います…。

ただ、1つ言える事は、あなたが行動しなければ、状況はいつまで経っても変わりません。

行動あるのみです。

あなたの第1歩は小さな1歩に見えるかもしれません。

でも、その第1歩がないと、いつまで経っても相手とコミュニケーションをはかる下地ができないまま時間だけ過ぎて行きます。

今の小さな1歩が、後のお子さん、後のあなたを変える事を信じてあげてください。

あなたに幸運を訪れますように。

こちらで、絵本を1回、全ページ試し読みできます。





ここまで読んで下さった皆さん、お疲れさまです。ありがとうございました。
(^^ゞ


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村






関連記事

気に入ったらシェア!

サエッキー
この記事を書いた人: サエッキー
東南アジアを中心に活動中。経験した事の備忘録です。
見やすい記事を目指します。
(´・ω・`)

コメント0件

コメントはまだありません