google-site-verification=Iu-z6so22cvaWxuw_4rixoPr0nXrlBDdtcCtmrNSVNQ
ドンと来い!アジア!
サエッキー

アジア 行ったり来たり備忘録 ('ω') 

ベトナム旅行での交通手段について

2019年07月16日
ベトナム 0

ベトナムの移動手段による値段比較

こんにちは。サエッキーです。

ベトナムの移動情報ですが、

①移動時の値段比較
 (バスと鉄道)

②ベトナム鉄道の予約方法

        を書きました。


という事で、関係ない場合、
ここまでです。

ありがとうございました。

〈記事のあらまし〉
ハノイのロンビエンバス停から、各地へバスが出てます。


『04番バス』に乗って終点まで1時間、長距離バスターミナルに辿り着きました。

ここは
『ヌォックガム・バスターミナル』
というハノイで最新のバスターミナルだそうです。

そこで見かけるのは地元民ばかりでした。

「これは安いチケットが取れるチャンスか…?」と思ったものの、市内にある旅行会社
『シン ツーリスト』の方が安かった、という記事です。

比較対象
ハノイ→フエまで
(距離にして670km程度)

 次の日の値段
・シン ツーリスト
 →24万9千ドン
 (1245円相当)

・長距離バス停(ヌォックガム・バスターミナル)
 →31万ドン
 (1505円相当)

・列車のハードシート
(1番安いシート)
 →38万3千ドン
 (1915円相当)

※念のため、ご自分で料金を確認する事をオススメします。
 基本的にベトナムでは鉄道よりバスの方が安い事が多いんですけどね。

1番安かった
『シンツーリスト』の場所はこちら
 ↓



ちなみに、今回訪れた長距離バス停の『ヌォックガム・バスターミナル』から、
ラオスのビエンチャンや中国の南寧まで行けるます。

ラオスや中国を目指すなら、
ロンビエン・バス停から
04番のバスですよ!



そして、ベトナム鉄道ですが、時々売り子さんが駅弁を売りに来ます。
旅気分を満喫するなら、オススメですよ。

このベトナム鉄道の予約方法ですが、
『dsvn』とググるか、
以下のリンクへ移動して下さい。
  ↓
ベトナム鉄道


入力時に必要なので、パスポート番号ベトナムのカード(あれば便利)を用意して下さい。
ベトナムの銀行でカードを作る場合、以下のリンクへ
  ↓
ベトナムの銀行口座は作りやすくなった?

日本のカードは使えないそうです。

〈ベトナム鉄道の予約手順〉
こちらのフォームでまず、最初の駅と目的地を「英語入力」します。
すると勝手にベトナム語か日本語に変換されます。
iMarkup_20190715_194647_convert_20190716142323 (1)


片道か往復か選び、
日にちを選びます。日本語変換がおかしくても、そのままGO!
1563193123630_convert_20190716142138 (1)


選んだら、検索するをクリック
iMarkup_20190716_132749_convert_20190716153812 (1)


こんな画面になるので、こちらをクリック
iMarkup_20190716_133006_convert_20190716153838 (1)


①その日に発車する列車が表示されるので選択。
②空いている席を選択。
③選択したら、カゴの部分をクリックします。
iMarkup_20190715_223454_convert_20190716142401 (1)


すると予約者情報を入力する画面が出て来るので入力します。
iMarkup_20190716_064406_convert_20190716153520 (1)


こちらは入力しなくてOK。
iMarkup_20190716_064855_convert_20190716153544 (1)


ベトナムのカードがない場合、代理店支払いを選択します。
後は、規約に同意をクリックして、次へ進みます。
iMarkup_20190716_065824_convert_20190716153657 (1)


最終確認をクリックして待ちましょう。
iMarkup_20190716_070340_convert_20190716153724 (1)


こちらの画面が出たらOK。後は、駅で支払いを済ませます。
iMarkup_20190716_141625_convert_20190716161946 (1)

以上でベトナム鉄道の予約は終了です。

ロンビエンのバス停からヌォックガム・バスターミナルへ

バス停から様々なバスが出ていましたが、数日前に僕はハノイの北東にあるバクニンという街へ行ったものの、何も得られずに帰って来ました。

ロンビエンのバスターミナル
IMG_20190708_095548_convert_20190716142501 (1)

IMG_20190708_100203_convert_20190716142525 (1)

04バスに乗ったのは、そのリベンジみたいな気分でした。
IMG_20190713_133025_convert_20190716143606 (1)

車掌さんが切符を売りに来ます。
7千ドン(35円相当。公共機関は安いです。)
IMG_20190711_131721_convert_20190716142549 (1)

バスに乗って通った道に、バイクの事故で頭から血を流している男性がいたので、バス内は騒然となりました。
IMG_20190711_132635_convert_20190716142632 (1)

時たま、危険な運転を見かけますが、血まで流しているのは初めて見ました。

ベトナムでは50cc以下のバイクなら、免許がいらないそうですが、アメリカ人旅行者がバイクの死亡事故を起こしてから、警察のチェックが厳しくなったとか。

ベトナムへ来た時は、交通事故に気をつけて下さいね。

1時間ほど乗った後、先程も書いた長距離バスのステーションらしき場所に辿り着きました。


バスがたくさん停車してました
IMG_20190711_135815_convert_20190716143016 (1)

バス停の出入口には、バイタクの方々が待ち構えていました。
IMG_20190711_141730_convert_20190716143525 (1)

敷地内に建物があり
IMG_20190711_135821_convert_20190716143044 (1)

いくつもブースがあって、スタッフは皆、口々に自分の行き先チケットを売りたがって来るのですが、ほとんどの場所名が分からず、地図でもないのかと思いました。
IMG_20190711_140022_convert_20190716143302 (1)

分かった場所は、サイゴンやダナン、クイニョン、フエくらいの物でした。
IMG_20190711_141139_convert_20190716143442 (1)


それで、ベトナムの北部ハノイから中部の街フエまでの料金が
31万ドン
(1550円相当)
IMG_20190711_140853_convert_20190716143417 (1)

一方、列車の予約を調べると、予約で席がほぼ埋まってました。
38万3千ドン
(1915円相当)
1563192699146_convert_20190716141904 (1)

そして、ハノイの街中にある旅行会社
『シンツーリスト・ハノイオフィス2』では

24万9千ドン
(1245円相当)との事でした。

IMG_20190715_094556_convert_20190716143629 (1)

なので、シン ツーリストでバス・チケットを取った方が安いようです。
IMG_20190715_100008_convert_20190716143654 (1)

シンツーリストの場所はこちら
 ↓


一方で、シン ツーリストのバスでパンクして、大変だった記事もありましたので、一応載せておきます。
  ↓
ハノイからフエへ、長距離バス移動!

まとめ

ハノイ→フエまで
 次の日の値段
(出来るだけ安い物をチョイス)

・シン ツーリスト
 →24万9千ドン
 (1245円相当)

・長距離バス停
 →31万ドン
 (1505円相当)

・列車のハードシート
(1番安いシート)
 →38万3千ドン
 (1915円相当)


ここまで読んで下さった皆さん、お疲れさまです。ありがとうございました。
(^^ゞ




にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村





関連記事

気に入ったらシェア!

サエッキー
この記事を書いた人: サエッキー
東南アジアを中心に活動中。経験した事の備忘録です。
見やすい記事を目指します。
(´・ω・`)

コメント0件

コメントはまだありません