ドンと来い!アジア!
サエッキー

アジア 行ったり来たり備忘録 ('ω') 

コピルアックとヴィーゾル 味の違い

2019年07月20日
ベトナム 0

20191129_222532_0000_convert_20191130003157 (1)

ヴィーゾル・コーヒー

以前、コピルアックのコーヒーを飲んで、とても苦かった印象がありました。

コピルアックは、インドネシアにいるジャコウネコにコーヒーの実を食べさせて、腹中の酵素で発酵したコーヒーを排泄物から取り出した高級コーヒーの事です。

だからコピルアックは、インドネシア産です。


こないだ飲んだコピルアック


一方で、ヴィーゾル・コーヒーについては、ウィキペディアに以下の記述がありました。

『ベトナムでは同種のマレージャコウネコによるものが「イタチコーヒー」(英語ではやはり Weasel coffee)と呼ばれて市場に出ていたが、現在は流通経路に乗る機会が乏しくなり、人為的に豆を発酵させたものが「イタチコーヒー」と称して販売されている。』


ベトナム産のヴィーゾル・コーヒーは、人為的にコーヒー豆を発酵させただけなのか…。
IMG_20190712_132602_convert_20190720215935 (1)

でも、このあいだ店員さんが、まずヴィーゾルのコーヒーを勧めて来ました。

しかも、最終的にコピルアックのコーヒーを頼んでも、ヴィーゾルのコーヒーを頼んでも、同じ値段

3万5千ドン
(175円相当)

と言っていました。

かなり、いい加減な印象でしたが、
「じゃ、味を確かめよう」
と思いました。

今回は、かなり暑い日にたまたま来店したので、氷入りのヴィーゾル・コーヒーを注文しました。

それが、このコーヒー。
まるで黒ビールみたいに泡いっぱい
IMG_20190718_171902_convert_20190720220119 (1)

今回は、かなり早くコーヒーが出て来ました。

そもそも以前はコーヒー豆をコピルアックの棚から取り出して挽いていました。

その行程がありませんでした。

更に、ブラックで飲んだ後に砂糖を入れたいと言ったところ、最初から店員さんがコンデンスミルクを氷を入れたグラスに用意し始めたので、慌ててブラックにして貰いました。

そして、出て来たアイスコーヒーを飲むと、苦くない。

とても、マイルドな味のコーヒーが出て来ました。


ここで、僕の頭に数日前の記憶が蘇って来ました。

その日も暑い中で、ハノイの街を歩いていたのですが、僕はコピルアックのコーヒーを1度しか飲んでいないので、別の店で飲んでみようとしたのです。

店員さんは、ガメつそうなオバちゃんでした。
IMG_20190715_095756_convert_20190720220058 (1)


まず、値段が2万ドン(100円相当)と言われ、その時点でコピルアックじゃないと疑いました。
IMG_20190715_094939_convert_20190720220008 (1)ヴィーゾル・コーヒーの豆だけ買うと

80万ドン
4千円相当)とあります。

た、高い…。

コーヒーだけに(苦笑にがわらい

するとオバちゃんがコピルアックのコーヒー豆を取り出して、ガリガリと機械で挽き出しました。

おお、コーヒーの値段は安いのに、キチンとコピルアックの豆を挽いてるわー、と見ていると、オバちゃんの旦那さんが、別に作ったコーヒーを僕に渡して来ました。
IMG_20190715_095118_convert_20190720220036 (1)

(挽いた豆、使わんのかーい!)と心の中でツッコミを入れつつ、仕方なくそのコーヒーを飲んだのでした…。

ボトムズファンにとって、つい頭をよぎる次回予告…
   ↓
キリコが飲むウドのコーヒーは苦い


そして、この日。

やけに苦味が少ないんですけど…。
IMG_20190718_172200_convert_20190720220140 (1)

僕は、このコーヒーがヴィーゾル・コーヒーかどうか、判断できません。

この店の神棚にはコーヒーのお供えがありました。
IMG_20190718_172203_convert_20190720220201 (1)

きっとキチンとしたヴィーゾル・コーヒーだ。そうだ。そうに違いない…。

非常に飲みやすく、かつ甘党の僕は数口分のコーヒーを飲んだら、コンデンスミルクを入れて飲んだので、「僕にコーヒー」は、『豚に真珠』と同じ意味になるんでしょう。

ちなみに、ベトナムの缶コーヒー、だいぶ甘いです。
IMG_20190720_124543_convert_20190720220222 (1)

本質が分からない…。

ともかく、マイルドで飲みやすく、冷たいのですぐに飲み干しました。

石田三成の三椀の才という言葉があります。

※三椀の才って、なにそれ?

→3杯お茶の量と暑さを変えて、ムッチャおもてなしした話です。


そんで、お茶を秀吉が3杯飲んだように、コーヒーの味をよく味わわせて欲しかった…。

無理だよねー。
詳しくは
 ↓
石田三成の三椀の才


どうでもええ話?

そですね…。

ヴィーゾル・コーヒーも
コピルアックも
175円相当(3万5千ドン)で飲める店はこちら


AnAn Coffee Shop
営業時間 8時00分~22時30分
定休日なし

今回は、ここまでです。

ここまで読んで下さった皆さん、お疲れさまです。ありがとうございました。
(^^ゞ


にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村





関連記事

気に入ったらシェア!

サエッキー
この記事を書いた人: サエッキー
東南アジアを中心に活動中。経験した事の備忘録です。
見やすい記事を目指します。
(´・ω・`)

コメント0件

コメントはまだありません