google-site-verification=Iu-z6so22cvaWxuw_4rixoPr0nXrlBDdtcCtmrNSVNQ
ドンと来い!アジア!
サエッキー

アジア 行ったり来たり備忘録 ('ω') 

初めて中国の地へ 徒歩で渡ると…? (ラオカイ→河口)

2019年09月05日
中国 0


iMarkup_20190904_220450_convert_20190905004659 (1)


ラオカイから、中国国境を目指す

今回は、次の2点を書きます。
①中国国境のイミグレーション
②中国の河口で食べた小籠包、麺


①中国国境のイミグレーション
ラオカイから中国国境は、ソンホン川を挟んだ向こう側になります。

ベトナム側は朝の7時から開くため、時間に合わせて向かいます。

最初にベトナム側のイミグレーションへ行くと、すでに人がいました。
IMG_20190813_070646_convert_20190905004921 (1)

むっちゃ左に人が並んでますが、日本人は右側の空いている方へ向かって下さい。
IMG_20190813_070741_convert_20190905004948 (1)

ベトナムの係員さんに、パスポートを渡した記憶しかありません。

特に何もなく、通り抜けました。

ここを抜ければ、晴れて橋を渡って中国です。
IMG_20190813_071332_convert_20190905005017 (1)

個人的に僕は三国志が好きなんですが、魏呉蜀の国境で見ると、ベトナムから中国側へ抜けると、そこが蜀の国です。

僕はいよいよ蜀へ入るという気持ちになりました。

〈中国三国時代の国々〉
iMarkup_20190905_000808_convert_20190905021024 (1)

橋を渡る
IMG_20190813_071521_convert_20190905005529 (1)

河口のイミグレーション
IMG_20190813_071555_convert_20190905005601 (1)

電光掲示板では、イラストで説明
IMG_20190813_071800_convert_20190905005719 (1)

さて、橋を渡り終えて中国最初に入るイミグレーションの建物では、最初にいくつかある係員の内で、外国人は
passport exit processing
訳すと「パスポート出口処理」と書いてある1番右側に並びます。

僕の順番が回ってくると、係員からいくつか質問を受けました。

Q:どこへ行くのか。
 A:コンロン。
Q:目的は何か。
 A:観光。
Q:何日行くのか。
 A:およそ一週間。
Q:一人か。
(余計なお世話や!見たら分かるやろ!と思わんでもなかったです…。)
 A:はい…。
Q:中国は初めてか。
 A:はい。

あと、1分ほどで書けるような簡単なカード記入と荷物検査がありました。

僕に結構時間をかけられました。でも、終われば晴れて蜀の地、中国の河口です。

正確には「河口ヤオ族自治県」と言います。

ラオカイから河口へ移動すると、見える看板が、一気に漢字に代わります。

台湾へは行った事があるので、初めてな感じではありませんでした。
IMG_20190813_074407_convert_20190905005856 (1)

②中国の河口で食べたご飯

河口へ来た方は、この店へよく寄っているみたいですね。
IMG_20190814_091948_(1)_convert_20190905011951 (1)

僕も同じメニューを頼むと、小籠包とお粥を出されました。
(小籠包ですが、実際には「籠」の字が異なりますが、店のスタッフは慣れていて、日本語で「ショウロンポウ?」と声をかけてくれます)
IMG_20190814_091952_(1)_convert_20190905014928 (1)

お粥は、正直要りませんでしたが、小籠包は美味しかったです。
IMG_20190814_092158_(1)_convert_20190905015519 (1)
小籠包7元(105円相当)
お粥2元(30円相当)

小腹が空いてる方は、試して下さい。

ちなみに初中国で、僕が最初に食べた中華料理は、こちらの麺でした。
IMG_20190813_084031_(1)_convert_20190905010355 (1)
8元(120円相当)

小碗を頼みましたが、結構多めに感じました。
IMG_20190813_083417_(1)_convert_20190905010259 (1)

辛かったですが美味しかったです。
IMG_20190813_083408_(1)_convert_20190905010150 (1)

河口は中国の雲南省にあたりますが、雲南省は北に四川省があるだけあって、料理が四川風でした。
IMG_20190813_083957_(1)_convert_20190905010533 (1)

辛いですが、タイのガパオライスなどの辛さより唐辛子っぽい辛さは少なかったように感じました。

今回は、ここまでです。


ここまで読んで下さった皆さん、お疲れさまです。ありがとうございました。
(^^ゞ


にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村







関連記事

気に入ったらシェア!

サエッキー
この記事を書いた人: サエッキー
東南アジアを中心に活動中。経験した事の備忘録です。
見やすい記事を目指します。
(´・ω・`)

コメント0件

コメントはまだありません