ドンと来い!アジア!
サエッキー

アジア 行ったり来たり備忘録 ('ω') 

河口北から昆明駅まで列車旅

2019年09月07日
ベトナム 0


iMarkup_20190906_234917_convert_20190907020237 (1)



河口北駅→昆明駅
列車移動
 (54.5元=830円相当)

乗車時間 
7時間13分(15:15→22:28)

列車内にトイレ、給湯器あり

バスなら
 (65元=990円相当)


中国の昆明を列車で目指す

ベトナムのラオカイから中国の河口まで来ると、時差があって、1時間早まります。

たった1時間ですが、同じ景色なのに、夜が早まるので最初は1時間損した気分になりました。

昆明へはバスでも行けますが、列車の方が安かったです。

発車時間が
バス
→AM10:50

列車
→AM07:35、PM15:30

と分かれているため、時間が合う方を使うと良いかもしれません。

バスで行く場合、バス・ターミナルまで町中のバスで移動します。
(運賃2元=30円相当)
IMG_20190814_112140_convert_20190907005107 (1)

運転士に昆明に行きたい事を伝えると、バスに乗るように言われました。
IMG_20190814_112227_convert_20190907005132 (1)

バス内
IMG_20190814_112516_convert_20190907005209 (1)

ナルトに出て来たペインのTシャツを着てる…
ひらがなで「にんじゃ」(笑)
IMG_20190814_123400_convert_20190907005329 (1)

10分ほどで降りるように言われました。
IMG_20190814_122606_convert_20190907005252 (1)

昆明までの料金を尋ねると
65元(990円相当)
と言っていました。

とっくに、その日の昆明行きバスはありませんでした。
来た意味なし。
IMG_20190814_122619_convert_20190907005311 (1)


次に、列車で昆明まで移動する場合。

河口北駅までは、おそらくこのバスで行けるはず。
国境近くに停まっていました。こちらに乗りたかったけど、この時は知らなかった…。
IMG_20190814_133609_convert_20190907005432 (1)

僕は河口北駅の場所も、移動方法も分からなかったので、タクシーを使ったところ、40元ふっかけられました。

最初に拾おうとしたタクシーは20元と言っていたので、この時の運賃も最終的には20元で落ち着きました。
IMG_20190814_133507_convert_20190907005352 (1)

河口北駅です。
IMG_20190814_133748_convert_20190907005544 (1)

河口北駅では、チケット売り場が正面から見て右にあります。
IMG_20190814_133800_convert_20190907005605 (1)

ここで、パスポートを出してお金を支払えばOKでした。
IMG_20190814_134229_convert_20190907005625 (1)

事前情報では
75.5元(1150円相当)
とありましたが、ボッタくられたんでしょう…。

窓口で
54.5元(830円相当)
でした。

列車は
07:35発
15:30発の2本でした。
IMG_20190814_134242_convert_20190907005645 (1)

チケットを買って、正面入口から入ると、そこで航空便のような荷物チェックがありました。

僕は、チャックの閉まるかばんに財布を入れて、口を閉めずに荷物チェックの機械に通しました。

自分本人がチェックの機械を通った後に、怪しい物を持っていないか職員によるチェックがありました。

チェック後に自分の荷物を拾いに行くと、前の家族連れの1人が鞄の財布を見ていたので、キチンとチャックを閉めておくべき、と感じました。

更に、僕は荷物チェックで、水のペットボトルが引っかかっていました。

それに対して、女性職員から、今、水を全部飲んでしまえ、みたいなゼスチャーがありました。

半分飲んで捨てるつもりでいたら、ペットボトルはそのまま持って行って良いと許可が出ました。

荷物チェック以外に、パスポートとチケットのチェックがあり、その後、機械にチケットを入れて通過しました。

そこに、待合室があったので列車を待ちました。

待合室にはトイレやお店、水やお湯の出る給湯器がありました。

僕はパンを買いましたが、インスタント麺を買っている人が多かったです。
IMG_20190814_141053_convert_20190907005707 (1)

水を汲もうとしたら、沸騰気味のお湯が出て来て、ペットボトルが変形してしまいました。

他の人が水を汲んでいたので、水は出るみたいです。
(僕は水を出せた事がないです…。)

列車が来ると、もう1度チケットで機械を通ります。
IMG_20190814_141544_convert_20190907005728 (1)

厳重です。

通った先に列車が止まっていました。
IMG_20190814_141552_convert_20190907005751 (1)

中国の列車は、
「硬座」「硬臥」
「軟座」「軟臥」の4種類があり、シートの硬さで「硬」と「軟」に分かれ、
座席だと「座」、寝台だと「臥」になります。

そして僕の乗った列車は、ほぼすべて寝台列車でした。
iMarkup_20190814_153241_convert_20190907005045 (1)

IMG_20190814_141857_convert_20190907005920 (1)

ローカにある座席にも座れます。
IMG_20190814_141834_convert_20190907005900 (1)

そのため、1番安い硬座だったのですが、寝台車に腰をおろして乗りました。
IMG_20190814_141814_convert_20190907005837 (1)

トイレはタイの国鉄みたいでした。
IMG_20190814_174800_convert_20190907010044 (1)

洗面所
IMG_20190814_141759_convert_20190907005816 (1)

昆明まで山が多く、やたらとトンネルがあります。

三国志好きな僕的には、山が多いと、「さすが峻険な蜀の地…。」と想いを馳せないでもありません。
IMG_20190814_172328_convert_20190907010025 (1)

最終的に、河口北駅から昆明駅まで7時間13分かかりました。

15:15→22:28
IMG_20190814_212830_convert_20190907010107 (1)

昆明駅の構内
IMG_20190814_213112_convert_20190907012146 (1)

夜10時過ぎていても、わりと人がいました。
IMG_20190814_213715_convert_20190907010400 (1)

昆明駅について、最初に食べたのは、駅前の炒飯でした。

10元(152円相当)

本物の中華料理の炒飯は、果たしてどんな味なのか…?

出て来たのは、ネギくらいしか入ってない玉子炒飯。
かなりシンプル。こういうシンプルな物こそ、素材が物を言うよね。
IMG_20190814_214838_(1)_convert_20190907011923 (1)

食べてみると…。

塩味が薄くて脂っこいだけの炒飯でした。

うーん、こんな筈ではなかったのになー。

そんな訳で、昆明の食べ物の第1印象は、あんまり良くありません。

更に、泊まった宿に中国人の学生が何人もいたのですが、嫌な事がありました。

宿のトイレは、ドアを開けて入ると、更に和式トイレのドアが2つある構造でした。

そして、僕がトイレに入ると先にトイレを出た者が、入口のドアを開けたままにされるのが気分悪かったです。

初対面で、これ?

こんな事が2回あって、ちょっと中国が嫌になりかけました。

泊った宿は、1泊50元(762円相当)
IMG_20190815_080116_(1)_convert_20190907012457 (1)

スタッフには良い人もいた
IMG_20190815_002109_(1)_convert_20190907012435 (1)

宿には日本人の男の子が1人いて、話すと携帯を昨日失くしたけれど、宿の人達に助けて貰って返って来たと言ってました。

同室のアメリカ人2人が、いろいろ話してくれたのが良かった。

ともかく、昆明にたどり着いた日は、微妙でした。

今回は、ここまで。


ここまで読んで下さった皆さん、お疲れさまです。ありがとうございました。
(^^ゞ


にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村





関連記事

気に入ったらシェア!

サエッキー
この記事を書いた人: サエッキー
東南アジアを中心に活動中。経験した事の備忘録です。
見やすい記事を目指します。
(´・ω・`)

コメント0件

コメントはまだありません