ドンと来い!アジア!
サエッキー

アジア 行ったり来たり備忘録 ('ω') 

シェムリアップ→ストゥントレン バス移動

2019年11月03日
カンボジア 0

20191102_185808_0000_convert_20191102213716 (1)

ストゥントレンの景観はヤバい

何がヤバいって、川面の先に吸い込まれそうな夕陽。

しばらく毎日見ていたくなる景色だと思った。

この夕陽を見に来るだけでも、ストゥントレンに来る価値はあると思う。

川べりの看板
IMG_20191101_170733_convert_20191103172224 (1)

川沿いに、こんなレストランがある他、屋台が並んでます。
IMG_20191101_170829_convert_20191103172314 (1)

ストゥントレンは、河の真ん中に水位が少ない時に道が出来ます。

メコンロードっていうそうです。


僕が来た時も、朝は水位が少なくなって、河の道が薄っすら出来てました。
IMG_20191102_071816_convert_20191103172249 (1)

以前に僕は、シェムリアップからパクセーへ行った時に、ストゥントレンの街に来た事がありました。

けれど、乗っていたワゴンから乗り換えの為に立ち寄っただけで、即座に乗り換えてラオス国境へ向かいました。

つまり、どんな街か見る時間などありませんでした。

今回来てみて心に残ったのは、夕陽の美しさと、街の賑やかさでした。
IMG_20191101_163620_convert_20191103172202 (1)

ストゥントレンの街の中心には市場があるんですが、ラオスとの国境近くのためか、やたらと物が溢れているように見えました。

要するに川沿いの風景+屋台+市場がある、みたいな街です。

カンボジアあるある、かもしれませんが、乗せすぎ。
IMG_20191101_133830_convert_20191103120157 (1)

そんなストゥントレンの街へシェムリアップからバスで移動したので、書き残しておきます。
シェムリアップ→ストゥントレン
移動方法 ワゴン
 (13ドル=1407円相当)
 (1ドル=108.2円)

乗車時間 
 5時間34分(7:50→13:24)

休憩
 10:50から20分ほど

〈チケットの値段が変化する旅行代理店〉

シェムリアップの旅行代理店の内、キャピトルツアーには、ストゥントレン行きのバスはありませんでした。

そこで、別の旅行代理店で男性スタッフにバスの値段を尋ねたところ、14ドルと言われました。

けれど、別の機会に女性スタッフにストゥントレン行きのバスの値段を尋ねると、13ドルと安かったです。

翌日の7:50に店の前へ来るように言われました。

次の日、僕は7:50頃に店の見える近辺まで来て、近くの施設でトイレに行ったり、ヌンパンを買って食べたりしてました。

7:58に旅行代理店前に着きました。

場所はここ。


IMG_20191101_075731_convert_20191103084539 (1)

8:17にワゴンが来ました。
IMG_20191101_105204_convert_20191103092557 (1)

車の中。
IMG_20191101_082613_convert_20191103084956 (1)

10:50 ワゴンで2時間30分ほど走ったところで休憩(20分弱)
IMG_20191101_105212_convert_20191103092718 (1)

11:08発車しました。

途中の道で。みんなで乗っててかわいい。
IMG_20191101_094642_convert_20191103085801 (1)

あちこちで牛も見ます。
IMG_20191101_103301_convert_20191103090907 (1)

13:24ストゥントレンに到着しました。

到着は旅行代理店前でした。
IMG_20191101_132433_convert_20191103115035 (1)


今回の移動で思ったのは、道路がきれいだった事。

中央に黄色の線か点線が引かれていました。
IMG_20191101_102823_convert_20191103090021 (1)

ストゥントレンまでの道のほとんどは舗装された道で、車は80km/hくらいで走ってました。

そして、以前に比べて運転手さんが、無闇にクラクションを鳴らさないようになりました。

更にカンボジアの小さな街にもバイク屋さんが整備されて来てました。
IMG_20191101_162404_convert_20191103171937 (1)

カンボジアはどんどん変化してますね。

ストゥントレンの川面、素晴らしい景色です。
IMG_20191101_171945_convert_20191103172425 (1)

お兄ちゃんが袋を持ってる
IMG_20191102_072328_convert_20191103172532 (1)

風船を持ってる子をよく見かけました
IMG_20191101_171729_convert_20191103172139 (1)

マス?のモチーフ
IMG_20191101_172300_convert_20191103172447 (1)

ストゥントレンの街に、カンボジアとベトナムの友好の証の像がありました。

IMG_20191101_171901_convert_20191103172402 (1)
カンプチアと書いてあります。

ポルポトの粛清からベトナムに逃げたカンプチア共産党(クメールルージュ)が、ベトナム軍の支援を受けてクメールベトミンというベトナム派のクメール人が出て来た頃の名残りでしょうか。

シェムリアップからパクセーへ行くなど、通る事があったなら、ストゥントレンに1泊してみるのも、選択肢として素晴らしいと感じました。

今回は、ここまでです。

ここまで読んで下さった皆さん、お疲れさまです。ありがとうございました。
(^^ゞ


にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村






関連記事

気に入ったらシェア!

サエッキー
この記事を書いた人: サエッキー
東南アジアを中心に活動中。経験した事の備忘録です。
見やすい記事を目指します。
(´・ω・`)

コメント0件

コメントはまだありません