ドンと来い!アジア!
サエッキー

アジア 行ったり来たり備忘録 ('ω') 

ラオスのドンデット島でインド料理

2019年11月05日
ラオス 0


20191105_113653_0000_convert_20191105210939 (1)

気配りのインド料理屋さん
「Datta Banana Leaf Restaurant and Bungalow」

ドンデットの店は、いわゆる観光地価格です。


ラオスは全体的に価格帯がカンボジアやタイより高いから、しょうがないんでしょうけど。


麺類を食べたら、
2万キープ(2.5ドル=271円相当)でした。


カンボジアなら、1.25ドルくらいの料金でしょう。



とか言って、美味しかったから毎朝食べてましたが。
IMG_20191103_074651_convert_20191105214604 (1)


ローカルの麺類を食べても、シェムリアップの中華料理を食べるくらいの料金でした。


美味しいのは美味しくても、タイでも40バーツ(144円相当)で食べられるでしょう。


ケチ臭い考えですが、どうせ高い料金払うなら、もっと違った料理屋さんはないかな…。


そう思って入ったのが
インド料理屋さんでした。
IMG_20191103_182156_convert_20191105211456 (1)


店名はダッタ(Datta)
IMG_20191103_182219_convert_20191105211552 (1)


これが大当たりでした。


料金はナンとチキンのカレーで
2万8千キープ(343円相当)でした。
IMG_20191103_181220_convert_20191105211120 (1)


量が少なそうで、カレーが1種類では寂しく見えますね。


でも、美味しかったんです。


日本でこの料理を食べたら、いくらするだろう…。
(逆にマレーシアなら、もっと安いでしょうけどねー。)


出来立てのホットなナンとトマト風味のカレーだけでも、
幸せな気分になりましたが、5、6個くらい
ゴロゴロ入ってるチキンが最高に美味しかったです。
IMG_20191103_181322_convert_20191105211303 (1)


オジさんから注文時に「スパイシー?」と尋ねられて、スパイシーにと言いましたが、それほど辛くなくて僕的には良かったな。


このお店、カレーとナンをひと口食べると、店のオジさんが「どうだ?」みたいに
反応を尋ねて来ます


いやー、客の反応をそんな風に見るお店って、最高だと思いませんか?


僕も料理を作って振る舞う時に、同じように相手の反応を早く知りたいと思うし。
IMG_20191103_180148_convert_20191105211008 (1)


でも、料理を作ってるのは別の人で、オジさんはもっぱら反応を聴く役目でした(笑)


次の日、店に行って、何にしようか迷っていると、オジさんがチキン・ビリヤーニ(鶏肉の炒飯)を勧めてくれたので、それを頼みました。


このオジさんは
気配りの人で、座ると扇風機を回してくれて、Wi-Fiを勧めてくれました


ビリヤーニは塩辛めの味付け。
あんまり
お米がパラッとしてなかったです。


トマトと玉ネギのマヨネーズ和えサラダが付いていました。

3万キープ(362円相当)
IMG_20191104_123002_convert_20191105212341 (1)


これなら、
カレーの方が、圧倒的にオススメだな…。


オジさんはもちろん、この時も料理の味はどうだ、と尋ねて来ました。


「OK。」手でグーとしながら、そう答えました…。


よく見たらセットメニューみたいな料理もありました。ライスでもOK。
IMG_20191104_121012_convert_20191105212137 (1)


ドーサイもいいな。
IMG_20191104_120530_convert_20191105211759 (1)


マレーシアならもっと安いけど、美味しいよね。
IMG_20191104_120542_convert_20191105211850 (1)


ここのカレーなら、
喜んでお金払いたい


そう思ったお店でした。


場所はこちらです。



ちなみにこの「Datta」というお店はドンデットに2軒ありました。


もう1軒はこちら。



両方の店ともグーグルマップでの評価が高いです。


ホント、日本人が来てもこの店のサービスなら良いと思います。


ドンデット島って、何もせずにボーっとする場所なんで、暇を持て余してしまう日本人もいると思います。


でも、そんな人もこの店で笑顔になるんじゃないかな?ホント、オススメのお店でした。


〈気配りのインド料理屋さん2
「Hathim Indian restaurant」〉


よく見ると、ドンデットの料理屋さんには、
インド料理屋さんが3軒はありました。


こちらの店は夫婦でやってるみたいでした。
IMG_20191104_182303_convert_20191105212719 (1)


ぶっきらぼうそうな親父さんとぽっちゃり気味の奥さん。


親父さんは料理を作ってるみたいでした。


実は、僕はインド料理をマレーシアで食べた事はありましたが、あんまり料理名を見ても、内容が分かっていませんでした。


チャパティっていうメニューを見て、僕は紅茶が出て来る物だと思ってました。


マレーシアでドーサイという料理は食べた事があったので、チャパティとドーサイを頼みました。

2万1千キープ(253円相当)
IMG_20191104_182300_convert_20191105212554 (1)


きっと先に紅茶が来る物だと思っていましたが、なかなか飲み物が来ません。
IMG_20191104_182200_convert_20191105212435 (1)


ドーサイが来ました。
IMG_20191104_183137_convert_20191105212746 (1)


バターでカリカリに焼いた少し酸味のある粉ものと、辛くて冷たいカレーと、辛くない温かい豆の煮込みが付いてきました。


温かい料理と冷たい料理が両方出て来るのが嬉しいですね。


マレーシアで食べたのと同じような付け合わせで、カレーは結構スパイシーでした。


ドーサイを食べていると、テーブルにもうひと皿、粉ものが置かれました。
IMG_20191104_183324_convert_20191105212858 (1)


奥さんが「チャパティ」と言ってます。


思わず「チャパティ?」と尋ねましたが、頷かれるだけでした。


チャパティは、ナンより薄い生地で、味はドーサイよりプレーンでした。


紅茶が来ると勘違いしていた僕は、
「マサラティー」という飲み物を頼みました。

1万キープ(121円相当)


スパイシーなカレーだったので、甘いチャイが飲みたかったのです。


ところが、
このマサラティー、生姜風味のミルクティーで、辛かったです。
IMG_20191104_184622_convert_20191105212918 (1)


辛さを打ち消す飲み物ではなかった…(汗)。


マサラティーは、すでに他の食べ物は食べてしまった後に出て来たので、
生姜風味を存分に味わえました


僕は、生姜風味じゃない方が好きだな。


店の場所はこちらです。



この「Hathim Indian restaurant」のカレーより、僕は
「ダッタ(Datta)」のカレーを推します
が、この店にももっと美味しい物が秘められてるかもしれません。


今回は、ここまでです。


ここまで読んで下さった皆さん、お疲れさまです。ありがとうございました。
(^^ゞ





にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村






関連記事

気に入ったらシェア!

サエッキー
この記事を書いた人: サエッキー
東南アジアを中心に活動中。経験した事の備忘録です。
見やすい記事を目指します。
(´・ω・`)

コメント0件

コメントはまだありません