google-site-verification=Iu-z6so22cvaWxuw_4rixoPr0nXrlBDdtcCtmrNSVNQ
ドンと来い!アジア!
サエッキー

アジア 行ったり来たり備忘録 ('ω') 

ベトナムで映画を見よう

2019年02月18日
ベトナム 0

こんにちは。サエッキーです。

日本人がベトナムへ旅行で行く場合、ホーチミンやハノイ、もしくはダナンが選ばれる事が多いですよね。

僕は基本的にベトナム中部の街「フエ」で映画を見ていました。

フエでは映画1本が4万ドン(184円相当)でした。

ハノイの安い映画館で5万ドン(230円相当)です。

※1万ドン=46円相当(2019年6/24現在)で換算。

※今現在の値段が変わっているかもしれません。現在の値段を確かめる事をオススメします。
あわせて読みたいリンク

最安値188円!アジアでの映画館料金比較



僕がベトナムで見た映画は以下の6作品です。
 ①Mr.ガラス
 (4万ドン 184円相当)

 ②ジ アップサイド
 (4万ドン 184円相当)

 ③パパとムスメの7日間
 (Hồn Papa Da Con Gái)
 (4万ドン 184円相当)

 ④Master Z
 (4万5千ドン 207円相当)

 ⑤僕のヒーローアカデミア
 (4万5千ドン 207円相当


この5作品はベトナムのフエにある

「Lotte Cinema Huế」
(ロッテ シネマ フエ)

で上映されていた値段です。


これはフエの街にあるタイ系列のデパート「ビッグC」の最上階にある映画館です。

フードコートも同じ階にあり、大衆的な感じでした。





フエ以外では、ハノイで映画を1つ見ました。
⑥My dear assistant
 (5万ドン 230円相当)


この作品はハノイにある

「Rap Thang8」

というホアンキエム湖から南に歩いて2つ目に見える映画館で見ました。


古くさい劇場という感じでしたが、物価の高いハノイでは安い部類の映画館です。

こう見るとフエの映画館の安さが光ります(笑)



さて、映画の内容ですが、
「パパとムスメの7日間」
「My dear assistant」
この2作品は僕が初めて見たベトナム産の映画でした。

そう思っていたら、実は
「パパとムスメの7日間」という作品は、落合賢という日本人監督の作品との事でした。
(この監督さんは、これ以前にベトナム映画を撮っているそうです。)


〈あらすじ〉
父母娘のベトナム人3人家族から、お母さんが亡くなってしまってから、父と娘の仲が上手く行きません。

その後、あるキッカケで喧嘩していた父と高校生の娘の身体と心が入れ替わってしまうというお話。

純粋なベトナム映画ではないですが、
日本人監督のベトナム映画を見れるというレア体験が出来て良かったです。


もう1つのベトナム映画、ハノイで見た
「My dear assistant」ですが、字幕で英訳が出るものの、ベトナム語による会話のテンポが速すぎて、ついていけませんでした…。

その代わり、一緒に見ていた観客で、学生さん10人くらいの反応が楽しめました。

男女のキスシーンでワクワクして歓声があがったり、映画が終わった後で拍手したりしてて、新鮮な気持ちになりました。


映画後、拍手してた学生さん達


この2作品では、日本人が登場人物として少しだけ出て来たので、日本人的に親近感が湧きました。

(出て来たのは、日本で有名な俳優さんではなかったです。)


他の映画について

最初に見た「Mr.ガラス」にはブルース・ウィリスが出ていたみたいですが、正直、面白くない映画でした。(前作があるそうです。)

面白い映画って、言葉がわからなくてすら、面白い物だと僕は信じてます。


「ジ アップサイド」は「Mr.ガラス」よりは面白かったです。フランス映画の「最強の2人」のハリウッドリニューアル作品との事。


「Master Z」は中国映画。

子連れで男前のお父さんが、香港を舞台に覚醒剤マフィアと闘うカンフー映画でしたが、それほど好きでは無かったかな。

ジャッキー・チェンのようなキャラクターを期待すると、今ひとつなのかも。


結局、この6作品の中で1番面白かったのが「僕らのヒーローアカデミア」でした。

ツマラナイ結論かも、ですが。


それにしても映画館で感じたのは、ベトナム人の国民性。

集団で盛り上がるのがうまいというか、楽しそうでした。

街中でベトナム人がみんなで乾杯する時、独特の歓声をあげて酒を飲んでてノリがいいし。

たまたまサッカーの日本対ベトナム戦があった日には、街角やデパートのテレビ前でベトナム人が観戦してましたが、歓声の上がり方が半端なかったです。

ちなみに僕は、この日にサッカーのベトナム戦がある事を知りませんでした。

チケットを買った後で、ベトナムの人達がサッカーで歓声が上げているのを見て、初めてその相手が日本という事も知りましたが、チケットを買ってしまっていたので、どうしようもなく中国映画を見てました。

もちろん、映画館にいたのは僕1人でした(さみしい…)。

映画はともかく、ベトナム人のノリがとてもいい事が分かって良かったです。


ここまで読んで下さった皆さん、お疲れさまです。ありがとうございました。(^^ゞ

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

映画






関連記事

気に入ったらシェア!

サエッキー
この記事を書いた人: サエッキー
東南アジアを中心に活動中。経験した事の備忘録です。
見やすい記事を目指します。
(´・ω・`)

コメント0件

コメントはまだありません