ドンと来い!アジア!
サエッキー

アジア 行ったり来たり備忘録 ('ω') 

カンボジア バンルンのまた来たい味「Somras Banlung restaurant」

2019年11月10日
カンボジア 0


20191110_194651_0000_convert_20191110224133 (3)

バンルンのロクラク店で、あなただけの食べ方を探そう
「Somras Banlung restaurant」

僕はロクラクをこれまで食べた事がなかったので、注文してみました。
IMG_20191110_115146_convert_20191110225037 (1)

このお店に入ったのは、入口にお花がたくさん咲いて華やかだったからでした。
IMG_20191110_114842_convert_20191110224911 (1)

店の名前はクメール語のみで、読めませんでした。
IMG_20191110_114910_convert_20191110224958 (1)

「Somras Banlung restaurant」というのはグーグルマップにあった店名です。

中華風のボンボリがあったり、店に中華風のお茶が置いてあったので、華僑系のカンボジア人が始めたお店なんでしょうね。

祭壇も中華風
IMG_20191110_121455_convert_20191110225834 (1)

プラスチックのコップに氷が出て来ました。
IMG_20191110_115230_convert_20191110225211 (1)

バンルンのあちこちのお店で出て来る中華風のお茶を僕はとても気に入りました。

このお店のお茶も、もちろん中華風。

爽やかな香りで、どこに売っているのか気になります。
IMG_20191110_115542_convert_20191110225600 (1)


ロクラクが来ました。
IMG_20191110_120208_convert_20191110225701 (1)

ご飯と一緒に玉ネギ、青いトマト、豚肉の甘炒めがレタスの上に乗ってました。

トマトが青いので、酸っぱいかと思いましたが、そうでもありません。
IMG_20191110_120555_convert_20191110225730 (1)

ロクラクには、黒ゴマペーストのような、見た事のない調味料も一緒に出て来ました。
iMarkup_20191110_210002_convert_20191110230502 (1)

何だろうと、ひと口舐めると酸っぱかったです。

何だろ?これ?

しかも後味は辛い。

これは、胡椒と酢を混ぜたスパイスでした。結構、効きます。

でも、甘みだけでなくて、スパイスもあった方が味に変化があって良かったです。

甘みの効いたタレには、これ、良いかも。

ちょっと癖はありますが、もう1度食べたいと思わせる味でした。

そういえば目玉焼なしのロクラクを頼んだはずでしたが、目玉焼付きが出て来ました。
IMG_20191110_120128_convert_20191110225632 (1)

目玉焼なしのロクラクは、お値段が
2ドル2000リエル(273円相当)

目玉焼付きだと
2ドル3000リエル(301円相当)
でした。

そうそう、このお店には、やたらと調味料がありました。

まず、生姜とニンニクの甘酢漬け。
IMG_20191110_115329_convert_20191110225248 (1)

日本だと、生姜だけでしょうけど、ニンニクも入ってるのがカンボジア流なのかな?

ニンニクもあるのは新しいと思いました。

しかも、店内で売ってます(笑)
IMG_20191110_115537_convert_20191110225510 (1)

左は唐辛子入りの辣油。
右は乾燥魚をほぐした物と切り干し大根っぽい。甘いけど塩辛めの調味料。
IMG_20191110_115358_convert_20191110225332 (1)

白いのは砂糖でした。

あと、青唐辛子の調味料に、納豆みたいな香りの大豆調味料。
IMG_20191110_115430_convert_20191110225419 (1)

かなりの調味料マニアな店です。


もちろん、こんなに調味料があっては、再度試さない訳にはいきません。

次の機会では、ビーフのロクラクを頼んでみました。
IMG_20191112_072743_convert_20191112142609 (1)

「!?」
IMG_20191112_073812_convert_20191112142243 (1)

すると、出て来た調味料が前回と違いました。胡椒と味の素(?)でしょうか。

酢が入っていませんでした。

その代わり、酸味系の調味料は出て来ました(笑)
IMG_20191112_072616_convert_20191112142516 (1)

ロクラクには、酸っぱい調味料を付けるのが、この店の流儀なのでしょうか。

そして、前回は付いていなかったスープが付いています。
iMarkup_20191112_124619_convert_20191112145250 (1)

雨が降って肌寒いからか、飲み物はホットのお茶でした。
IMG_20191112_072052_convert_20191112142328 (1)

ここのロクラクに付いているトマトは、必ず青いトマトという流儀がありそうです。
IMG_20191112_073146_convert_20191112142816 (1)

とにかく、ここでロクラクを食べると、調味料がこれでもかっとあるので、食べ方が色々チョイスできるのが楽しいです。

何なら、この魚と切り干し大根の合わせたような調味料とご飯だけでも、飯の友としてイケてます。
(結構、日本人好みな味だと思うんですよねー。)
iMarkup_20191112_124550_convert_20191112145224 (1)

ここでロクラクを食べる方は、あなただけの食べ方を試してみると良いのではないでしょうか。

グーグルマップのクチコミでも、結構評判良い感じでした。

クチコミの中には、105歳のお婆ちゃんの写真が載っていたり、謎なところもありましたけど、いいねが2つ付いてました(笑)

今回は、ここまでです。


ここまで読んで下さった皆さん、お疲れさまです。ありがとうございました。
(^^ゞ





にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村






関連記事

気に入ったらシェア!

サエッキー
この記事を書いた人: サエッキー
東南アジアを中心に活動中。経験した事の備忘録です。
見やすい記事を目指します。
(´・ω・`)

コメント0件

コメントはまだありません