google-site-verification=Iu-z6so22cvaWxuw_4rixoPr0nXrlBDdtcCtmrNSVNQ
ドンと来い!アジア!
サエッキー

アジア 行ったり来たり備忘録 ('ω') 

ラタナキリコーヒーの味

2019年11月13日
カンボジア 0


20191113_185950_0000_convert_20191113212826 (1)

ラタナキリ・コーヒーはどこ?

ラタナキリ・コーヒーやモンドルキリ・コーヒーはプノンペンで飲めると聞きます。

僕は、ラタナキリの州都バンルンでコーヒーを飲みたくなったので、コーヒー屋さんへ行ってみました。

すると…。

ん?ヴィーゾル・コーヒー?
Made in ドイツ?
IMG_20191107_111236_convert_20191113213138 (1)

あの…、ラタナキリのコーヒーは、いずこですか…?

店舗の横にコーヒー屋さんがある店のパターンがチョイチョイあるバンルン市内
IMG_20191107_085553_convert_20191113213048 (1)

ラタナキリコーヒーを前面に推す感じではないですねー。
IMG_20191106_160544_convert_20191113212908 (1)

バンルンにいて思うのは、あんまり観光地として特化してない地域という事です。

コーヒーの産地だったら、どこへ行ってもコーヒーばっかりかと思えば、そうでもない。

モンドルキリだと、ググればプランテーションのコーヒー園が出て来ますが、ラタナキリにはなさそうです。


僕がラタナキリで飲んだ中で、1番本格的なコーヒーだと感じたのは、さる家族経営の宿で飲んだ物でした。

こういった感じでした。
IMG_20191109_082813_convert_20191113213601 (1)

カンボジアのラタナキリコーヒーは、ロブスタ種という低地でも栽培可能なコーヒーです。
(ラタナキリは標高700〜900m、ロブスタ種は海抜500m以下の土地でも栽培可能です。)

ラタナキリでは、アラビカ種のような高地に適したコーヒーの栽培に向いていません。

隣国ベトナムのダラットならば標高1500mあり、アラビカ種のコーヒーにより適した土地があるそうです。
(一般にアラビカ種のコーヒーが育つためには、標高2000mはあった方が良いようです。)

ラタナキリ州は、ベトナムと国境を接しているため、カンボジア産のコーヒーであるにも関わらず、ベトナムコーヒーとして売り出されてもいるという話もあります。→リンクはこちら

カンボジアのコーヒーも、ベトナムのコーヒーも、わりと近いんですかね。

飲んでみて感じたのは、飲みやすいコーヒーという事。
IMG_20191109_082824_convert_20191113213630 (1)

飲むと抹茶みたいな粉っぽさがあるけど、コーヒーの味がしました。

風味がチョコレートやココアっぽくて、ちょいにが。酸っぱさはなくて砂糖が無くても、普通に飲めました。

それほどコーヒーの香りが立った飲み物ではなかったです。

お菓子を買って来て飲めると良かったと、後で思いました。

ミルクは付けず、角砂糖が7つ。こちらの角砂糖は1cmのキューブで小さめでした。

ここは、コーヒーのお替りがちょっとあって良かったな。

3000リエル(82円相当)でした。お得です。
IMG_20191109_082841_convert_20191113213711 (1)

ちなみにこの宿には2匹の犬さん達がいて、吠えたり、悪戯したりします。
IMG_20191109_082239_convert_20191113213513 (1)

僕は、部屋を出ると靴が片方なくて、宿の女将さんに尋ねると近くで犬が靴を咥えてました。

今度から、靴は部屋の中に入れてねって言われました(笑)

でも、この女将さんの天気予報が素晴らしかった。

雨が降る気配もないのに、外出前にカサを渡されました。

30分後に大雨が来て、大変助かりました。

その後も、路上で後ろから犬に襲われて、威嚇用にカサがあって良かったです(苦笑)

この宿の名前は「Banlung Kitchen Hotel, Bar, Restaurant」


バンルンでは陽が落ちるのが早いので、暗闇での犬に気を付けましょう。

何ともなかったから、良かったですが、ちょっと犬恐怖症気味です…。


さて、バンルンの街中にある屋台でコーヒーを頼むと、
①タップリの練乳と混ぜたタイプ
②練乳にミルクも足したタイプ
(タイでよく飲むような味)
の2タイプが多かったです。

なので、宿で出されたコーヒーはミルクこそありませんでしたが、日本風に近い物を感じました。


けれど、ラタナキリ・コーヒーはインスタントコーヒーとして売り出されている物もあるように、あんまり高級志向のコーヒーではないようです。
IMG_20191113_084206_convert_20191113214207 (1)

ある日、街中の屋台でコーヒーを頼んだのですが、こんなベトナムで見るようなドリップ用のセットが出て来たのですが、コーヒー自体はインスタントコーヒーの粉みたいでした。
IMG_20191113_084209_convert_20191113214237 (1)

練乳も、砂糖も入れずに飲んでみましたが、普通に飲みやすいコーヒーでした。
IMG_20191113_084348_convert_20191113214436 (1)

これは粉っぽくはなかったですが、香りもそんなにありませんでした。

ちょっと甘みを感じる味。

1杯2000リエル(55円相当)。

他に街中で飲んだコーヒーは、まさにタイで飲んだコーヒーと瓜二つでした。

甘い…。
IMG_20191112_113619_convert_20191113214026 (1)

こちらも
1杯2000リエル(55円相当)でした。
IMG_20191112_113447_convert_20191113214130 (1)

他のゲストハウスで頼んだコーヒーも、アメリカンといいますか、飲みやすいんですけど、あんまり香りはありませんでした。
IMG_20191107_083237_convert_20191113212951 (1)

ラタナキリにあるようなロブスタ種のコーヒーに含まれるカフェインの含有量は、アラビカ種のコーヒーの2倍含まれているそうです。
(ウィキペディアより。)

寝る前に飲まない方が、良いかもですね。

1度、ラタナキリにあるコーヒー園を見たいと思うのですが、今のところ見つかっていません。

今回は、ここまでです。

スペシャルティコーヒー豆 シングルオリジンお試しセット100g×4種が魅力 送料無料


ここまで読んで下さった皆さん、お疲れさまです。ありがとうございました。
(^^ゞ






にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村






関連記事

気に入ったらシェア!

サエッキー
この記事を書いた人: サエッキー
東南アジアを中心に活動中。経験した事の備忘録です。
見やすい記事を目指します。
(´・ω・`)

コメント0件

コメントはまだありません