ドンと来い!アジア!
サエッキー

アジア 行ったり来たり備忘録 ('ω') 

穴場過ぎて景色を独り占め カンボジアのロンコウトの滝(Rong Kout Waterfall)

2019年11月18日
カンボジア 0


20191117_200445_0000_convert_20191117220838 (1)

お弁当やオヤツ用意して行こう。
ロンコウトの滝

海外のゲストハウスで会う白人男子に、行った国のどこが良かったか尋ねると、わりと
豊かな自然を見てたりするんですね。


現在、カンボジアのバンルンでぼっちでいますが、
自然を見ようツアーと称して、絶賛1人で盛り上がる事に決めました。


思えば、ラオスでリーピーの滝を見て以来、このところ
滝を求めて歩き回っています


と言うのも、ラタナキリのバンルンと言う土地には、あっちこっちに滝があるみたいなんです。
IMG_20191117_142409_convert_20191117223642 (1)


今回は、
ロンコウトの滝という、詳細が謎の滝を見て来ました。


結論として、前回に紹介した
チャオングの滝と比べて
・近くて手軽
・入場料は無料
・ジックリ見放題
と3拍子揃った
穴場の観光地でした。


ちなみに2019年11月17日現在、
グーグルマップによるクチコミだと、
ロンコウトの滝は1.7の低評価ですが、
僕の評価は4.0といったところです。

バンルンの街中にあるラウンドアバウトから滝までの移動時間

トゥクトゥク:13分
歩き    :1時間04分

滝の入場料:無料
欠点として
トイレがありません


あらかじめ、トイレを済ませてから行ってみて下さい。


ロンコウトの滝に行くまでに、赤土の道があったり、滝近くでは草むらや急な斜面もあるので、
雨天時は控えた方が良いでしょう。


ロンコウトの滝 9秒動画



場所は、カンボジアのバンルン市内のこの辺りです。



それでは、紹介します。


まず、滝を目指す前に、
おやつを調達しておくといいです。


ロンコウトの滝は、観光地化されていないため、滝以外は何もない川でした。


通り道に、サツマイモのチップスが売っていたのでゲット!

2000リエル(54円相当)
IMG_20191117_130356_convert_20191117214534 (1)


途中までは舗装された道路でしたが
IMG_20191117_132507_convert_20191117220933 (1)

それが
石ころの道になり
IMG_20191117_133043_convert_20191117221028 (1)


さらに先に進むと、
赤土の道でした。

先にはガッツリ
坂道があります。
IMG_20191117_133311_convert_20191117221117 (1)


自転車レンタルがバンルン市内にありますが、
この坂道を自転車で行くのは、だいぶ骨が折れるかも


坂を登って進んで行くと、集落が見えて来ます。
IMG_20191117_135716_convert_20191117221209 (1)


休日だったので、子ども達があちこちにいました。
IMG_20191117_144734_convert_20191117230637 (1)


かなり近くまで行くと、沢の流れる音が聴こえて来ます。


グーグルマップだと、ロンコウトの滝まで更に進むように表示されています。


けれど、
手前で左へ折れ、狭い道を行くのがオススメ。


川の右岸と左岸、どちらへ行くかの違いです。


地形的に僕のオススメは川の右岸。
→写真の道を左折
IMG_20191117_140607_convert_20191117221348 (1)

川の左岸への道は確認してませんが、滝から少し離れ気味でした。


トゥクトゥクやバイタクで行く場合、ギリギリ近づけるところまで行きましょう。


⚠この辺りは、
トゥクトゥクでは道の凹凸が激しくて危険です。


歩きましょう。


左へ折れた先は、さらに狭い道でした。
IMG_20191117_140614_convert_20191117221530 (1)

周囲は果樹園のようなので、
ここは
私的な土地かもしれません


誰かに断わりを入れようにも、誰もいませんでした。
IMG_20191117_140659_convert_20191117221305 (1)


そのまま進んで行くと、川に当たります。
IMG_20191117_140950_convert_20191117221702 (1)


しかし、ここは滝という程の景色ではありません。


川は右から左へ流れており、
少し行ったところで滝になっていました
IMG_20191117_141005_convert_20191117221801 (1)


しかし、ここからでは川に阻まれて滝壺を見に行けません。


グーグルマップのクチコミで低評価を付けている人は、この川だけを見て帰ってしまったようです。


川に突き当たった場所から左方向へ行ってみました。


すると、草むらに
人が歩いたような形跡があったので、辿って行きます。
IMG_20191117_141038_convert_20191117221925 (1)


しかし、途中で草むらの道はよく分からなくなります。
IMG_20191117_141130_convert_20191117222541 (1)


気にせず、
滝の音がする方向を目指すと、少し離れた方向ですが、滝が見えました。
IMG_20191117_141325_convert_20191117222641 (1)


出来れば、この滝を下のアングルから見たいと思って、周辺を探していたら、
竹林から斜面を降りる道がありました。
IMG_20191117_141453_convert_20191117222752 (1)


急で、岩がゴツゴツしており、
足元は泥で滑りやすいので、注意しながら降りて行きます。
IMG_20191117_141529_convert_20191117223101 (1)


すると、大スクリーンのように、
滝が左右に大きく展開した場所がありました。
IMG_20191117_141633_convert_20191117223149 (1)


おお、これは間違いなく滝です!


水量から来る迫力が凄いです。
IMG_20191117_141852_convert_20191117223336 (1)


辺りには誰もいません。


滝まで日差しの暑い中を歩いて来ましたが、滝周辺はヒンヤリしていて、水温も冷たかったです。


虹が見えていたのですが、写真だと見えませんね…。撮ったはずだったんですけどねぇ。


流れは、やや早めなので、
滝つぼで遊ぶのは危険だと感じました。
IMG_20191117_141733_convert_20191117223254 (1)


滝の一番近く、
高めの岩に腰を降ろすと、ベストアングルで滝が見れる感じでした。
IMG_20191117_143428_convert_20191117223806 (1)


滝まで来ると、
スマホの電波が届きません


とりあえず、僕は滝に近い石に腰を降ろして、滝を眺めていました。


何にもなしでは寂しいので、来る途中で買っておいた
サツマイモチップスを取り出します。
IMG_20191117_141952_convert_20191117223606 (1)


紫イモや、2つほどバナナ・チップスも入ってて、楽しめました(笑)


本当に人がいないので、まさに
穴場のスポットでした。


まったく期待せずに来たので、正直、
その迫力に度肝を抜かれました


観光地として整備されていませんが、恐らく地元の子ども達は滝近くで遊んでいるのが想像できます。
IMG_20191117_142734_convert_20191117223716 (1)


帰りは、また竹の林を上ります。

滑り注意です。
IMG_20191117_143443_convert_20191117223855 (1)


上った場所には、竹竿が差してありました。目印でしょうかね。
IMG_20191117_143623_convert_20191117224031 (1)


道を見つけて、帰ります。
IMG_20191117_143835_convert_20191117224106 (1)


帰りも坂道ですが、
景色が良いです。
IMG_20191117_150550_convert_20191117224137 (1)


マイナスイオン溢れる穴場の滝スポット。
IMG_20191117_141855_convert_20191117223444 (1)


オヤツやお弁当を用意しておくと、きっと楽しめると思います。


水着を用意して遊ぶのも良いですが、
滝壺近くは危険です。
(しつこい?)


充分に注意を払って自己責任で行動して下さい。


今回は、ここまでです。

ここまで読んで下さった皆さん、お疲れさまです。ありがとうございました。
(^^ゞ





にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村






関連記事

気に入ったらシェア!

サエッキー
この記事を書いた人: サエッキー
東南アジアを中心に活動中。経験した事の備忘録です。
見やすい記事を目指します。
(´・ω・`)

コメント0件

コメントはまだありません