google-site-verification=Iu-z6so22cvaWxuw_4rixoPr0nXrlBDdtcCtmrNSVNQ
ドンと来い!アジア!
サエッキー

アジア 行ったり来たり備忘録 ('ω') 

ベトナムのビンから北へ

2019年12月03日
ベトナム 0


20191202_230957_0000_convert_20191203011323 (1)


ベトナムの地方宿の値段は高め


この記事を読めば、ベトナムのビンからタンホアまでの宿が3軒分かります。
また夜系の怪しい海岸を含む、海辺を紹介します。
いずれの地域も、屋台があまりなくて困りました。

ビンから4ヶ所の宿を渡りながら思ったのは、宿の最低価格がハノイより高い事でした。

①18万ドン(ビン)
②20万ドン
③18万ドン
④21万8千ドン(タンホア)

日本円で、千円前後でした。

僕はその間
→宿を取り
→海へ歩き
→ご飯に困る
を繰り返しました。

宿の周囲に、これと言って観光できるような場所が見当たらなかったからです。

海がありましたが、観光地なので、学生さんなど若い子達が遊びに来ていましたが、それほど景色が良いと思えませんでした。
IMG_20190924_165639_convert_20191203014243 (1)

村上春樹の小説に出て来る主人公なら、ここでビールを飲んで、女の子と気の利いたトークが展開されるでしょうが、僕は下戸な上に、ベトナム語が話せません。
IMG_20190924_165454_convert_20191203014119 (1)

中には、夜系の怪しい海岸も1ヶ所ありました。
IMG_20190924_164822_convert_20191203014741 (1)

最初、お爺さんが声をかけて来て、お婆さんと言っていい歳の女性に対面となって、お金を払わないかとゼスチャーされた時は、ビックリして汗が出ました。

若い地元の兄ちゃんと姉ちゃんが普通にダベってたり、親族での食事を海の家でしてたり、夜系ばかりではないのかも…?

よく分からん。

こうした海岸は、見たところ日本でよく見るような平凡な海辺で、漁業用の船を見かけました。
IMG_20190922_131604_convert_20191203022043 (1)

砂浜に小屋が並んでいたのですが、海の家っぽいごはん屋さんはチラホラで、周辺一帯は声をかけて来たりで、夜系みたいでした。
IMG_20190922_130012_convert_20191203022001 (1)

こういう場所について、グーグル先生はこれだけでもアダルトと判断するんだろうか…。ウーム。

消すかもしれない系ですな。


ビンから北の地域ですが、僕は美味しいご飯が食べたいのに、それほど美味しい物に当たらなかったのが、痛かったです。

まあ、無い訳でもありませんが。

以前、カンボジアの安い屋台の条件を記事にした時、学校や病院の近くにある屋台が安かったと書きました。

こちらの記事。

ベトナムでも同じように、学校近くの店が良かったです。

各地を北上する中でのヒットは、こちらのバインミーでした。
IMG_20190923_113636_convert_20191203011405 (1)

ここは②の宿近くにある高校の左隣りにある店でした。
IMG_20190923_135202_convert_20191203012035 (1)

このサンドイッチには、豚肉の煮込みが入っていて、味がよく染みてるのが良かったな。

考えてみれば、学生さんで自炊する人はあまりいないから、学校近くに屋台があるんだろうな。
IMG_20190924_115629_convert_20191203012402 (1)

僕も、自分で料理を作る生活を目指したいな。

この地域には、幹線道路沿いに線路が走っており、あまり列車が来ないためか、線路づたいに歩いてる人も見かけました。
IMG_20190923_135623_convert_20191203012207 (1)

スタンド・バイ・ミーなんでしょうか…。

近くに駅もありました。
IMG_20190923_122612_convert_20191203011501 (1)

②の宿はビンの街から近く、昨日書いた記事に出て来たベトナム料理からも近くて「ご飯が美味しくて、悪くない」という印象でした。
IMG_20190923_134852_convert_20191203011646 (1)

ニャギと呼ばれる宿でした。
20万ドン(1000円相当)
IMG_20190923_134903_convert_20191203011741 (1)

エアコン、扇風機付き。
IMG_20190924_115213_convert_20191203012312 (1)

家族経営みたいでしたが、旦那さんの提示した料金より、女性陣の提示して来た料金が高かったです…。

ベトナムあるある?
IMG_20190924_115116_convert_20191203012244 (1)

この駅の横にある幹線道路から南に行けば宿②がありました。(アゴダにない宿でした。)



③の宿も、家族経営でした。
18万ドン(900円相当)
IMG_20190924_155253_convert_20191203013910 (1)

無駄にベッドが2つありました。
IMG_20190924_154043_convert_20191203012951 (1)

テレビもありました。
IMG_20190924_154234_convert_20191203013110 (1)


周辺は、周辺に生鮮食料品はあっても、屋台が少なくて、つまらなかったです。

何とか見つけたバインミーがこちら。
IMG_20190924_175923_convert_20191203015256 (1)

変わってるのが、卵焼きの上に、色が付いてないデンブのような物が乗ってるところ。

あちこちの国にある「BreadTalk」というパン屋さんのフロスっていう豚肉のスライスが乗ったパンと似てるかも。
iMarkup_20191202_205020_convert_20191203004842 (1)

でも、フロスみたいに甘くなくて、それほど美味しくなかった…。
IMG_20190924_180103_convert_20191203015357 (1)

お腹すきそうなんで買ったスナック。コーラ味のスナックでした。
IMG_20190924_185753_convert_20191203015853 (1)

ちょっと、美味しかった。
IMG_20190924_185802_convert_20191203020014 (1)

ここらは、学生さんみたいな若い子達はいたんだけど、屋台がない。

このバイク屋さんの北辺りに宿③がありました。



そして④のタンホアの宿は、市内中心部から遠いため、こちらも屋台があんまりなし。
21万8千ドン(1090円相当)
IMG_20190925_143556_convert_20191203020056 (1)

宿自体は、テレビで映画が見れるみたいで、グレードは高いんでしょうが、場所は不便でした。
IMG_20190925_143812_convert_20191203020358 (1)

冷蔵庫の中にビールやらが入ってました。周囲に何にもないから、ホテルでどうぞってスタイルみたい。
IMG_20190925_143631_convert_20191203020246 (1)

ベトナムのトイレでは、トイレットペーパーを便座に捨てず、隣りのごみ箱に捨てないと詰まります。
IMG_20190925_143602_convert_20191203020152 (1)

宿④の場所はこちらでした。


今回は、ここまでです。


ここまで読んで下さった皆さん、お疲れさまです。ありがとうございました。
(^^ゞ


にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村






ちなみに、このブログのタイトルは
canvaで作ってます。
あなたも、使ってみては?
とっても簡単!
関連記事

気に入ったらシェア!

サエッキー
この記事を書いた人: サエッキー
東南アジアを中心に活動中。経験した事の備忘録です。
見やすい記事を目指します。
(´・ω・`)

コメント0件

コメントはまだありません