ドンと来い!アジア!
サエッキー

アジア 行ったり来たり備忘録 ('ω') 

ホーチミンからプノンペンまで1番安いバス

2019年12月23日
ベトナム 0


20191222_202418_0000_convert_20191222224807 (1)

 4店を料金比較
カンボジア専門のバス
「Long phuong cambodia」

こちらの記事を読めば、ホーチミン→プノンペンまで1番安い
20万ドン(943円相当)のバスについて分かります。

ホーチミン→プノンペン
移動方法 バス
(20万ドン=943円相当)
(今回は21万9千ドン=1032円相当)

移動時間 8時間52分(6:35→15:27)

10:40 ①ごはん休憩
    (ただし10分ほど)
13:08 ②トイレ休憩
    (10分ほど)

去年の10月末にもホーチミンからプノンペンへバスで移動したのですが、その時の料金が
20万ドンでした。

ところが、今回いくつかの旅行代理店でホーチミンから、プノンペンまでのバスチケットの値段を尋ねたところ、
34万9500ドン(1647円相当)
と言われたり、
34万5千ドン(1626円相当)と言われたりしました。

1年以上経ってますが、日本円にして600円以上も、ホーチミンの物価が上がったのでしょうか?

高いなー。

その後、近くにあったシンツーリストで値段を尋ねたところ、
21万9千ドン(1032円相当)でした。
IMG_20191218_100732_convert_20191223002535 (1)

20万ドンより高いですが、これなら許容範囲だと思い、この値で手を打ちました。
IMG_20191218_100420_convert_20191223002452 (1)

チケット購入後、以前使った
Long phuong cambodiaという旅行代理店前を通りかかりました。
IMG_20191218_102504_convert_20191223002710 (1)

前を通るついでに値段を尋ねると
20万ドン(943円相当)と言われました。

しまったな。

シンツーリストが安いイメージがあったために、比べもせず、つい購入してしまいました。

4店の料金を比較した結果、
ホーチミンからプノンペン行きに関しては、
「Long phuong cambodia」のバスが1番安い
です。

店舗も緑なら、バスも緑と、会社のイメージカラーは緑なので、見つけやすいと思います。

「Long phuong cambodia」の場所ですが、こちらのホテルの隣りです。
(グーグルマップで出て来た写真に写っているので、分りやすいです。)


※ここで大事なのは、シンツーリストでも、緑の会社「Long phuong cambodia」でも、サービスはまったく同じ、違いは料金のみという点です。(後述)


さて、シンツーリストでは、次の日、店の前に6時集合、6:30出発予定だと言われました。
IMG_20191219_060718_convert_20191222224938 (1)


翌朝、6:15頃、シンツーリストの店が開いて、中で待っていました。

6:30頃、カンボジア行きの人間を呼ぶ声がしました。

僕が受付に声をかけると、カンボジアと呼びかけていた男性と共に移動するように言われました。

通りを角まで歩くと、Long phuong cambodiaという緑のバスが少し離れたところで待っていました。

この会社は、僕が昨日見た1番安くチケットが買える会社です。

シンツーリストでチケットを取っても、結局は同じ緑のバスで行くようです。

どうせなら、最初からLong phuong cambodiaでチケットを買う方が、安いです。

途中で連絡がうまく行かないといったトラブルも起きにくいですしね。

僕は、シンツーリストを利用したので、バスに乗った後で、僕がシンツーリストで貰ったチケットとバスのチケットを取り換えていました。
IMG_20191219_063553_convert_20191222225044 (1)

6:35 バスが出発しました。

ベトナムの国境に近づいてから、バスの車掌役のがパスポートを回収していました。

僕は、あらかじめカンボジアのマルチプルVISAを持っているので、そのように言うと、イミグレーションで記入する書類をくれて、ペンを貸してくれました。
(スタッフは、ペンをたくさん用意してました。安心ですね。)

書類を書いて、パスポートと一緒に渡しました。

ちなみに、前回、カンボジアVISAを持っていない時に、スタッフの方に「マルチプルのビジネスVISAを取りたい」と希望したのですが、「OK」と返事があったものの、後で返って来たパスポートを見ると、そこにあったのは観光VISAでした。

こちらのバス会社を使って、ホーチミン側からカンボジアへ入る場合に、ビジネスVISAを取得出来ませんでした。

そもそも徴収された金額がビジネスVISAより安かったので、無理だとは思いましたけどね。


9:09 ベトナムボーダーに到着。
IMG_20191219_090132_convert_20191222225715 (1)

荷物をバスに置いて、貴重品だけ持ってイミグレーションに向かいます。
IMG_20191219_090121_convert_20191222225533 (1)

このバス会社を利用したら、建物の受付場所まで行って、イミグレーションポリスが自分の名前を呼ぶまで待ちます。

呼ばれたら、パスポートを受け取って前に進みます。

建物の出口でもう1度、パスポートのチェックがありました。

9:31 今回、誰かを待っていたのか、バスの中で1時間ほど待ちました。

理由は不明です。

意味も分からず待たされる事は、東南アジアの旅ではよくあります。

こんな時のために、ちょっとした食べ物や飲み物を用意しておくのが、イライラしないコツです。

(要は時間が潰せれば、ゲームでも本でも良いんですけどね。)
IMG_20191219_092840_convert_20191222230921 (1)

10:27 発車して、カンボジアのイミグレーションに向かいました。
IMG_20191219_102903_convert_20191222231646 (1)

カンボジアボーダーでは、パスポートと書類を係員が集めるので、そのまま渡して、バスへ戻りました。
(すぐに済みます。)

10:33 出発しました。
IMG_20191219_103215_convert_20191223000022 (1)

1時間近く待っていたのは、何だったのでしょう…。

10:40 ①ごはん休憩
IMG_20191219_104527_convert_20191223000050 (1)

(10分程度ですが、バスのスタッフは、ご飯を食べてました。)
IMG_20191219_130959_convert_20191223000406 (1)

10:50過ぎ 出発。

13:08 ②トイレ休憩
IMG_20191219_131000_convert_20191223000425 (1)

(10分程度)

わりとトイレがキレイめでした。
IMG_20191219_131038_convert_20191223000527 (1)

13:18発車

15:27 プノンペンのバス会社に到着しました。
IMG_20191219_152750_convert_20191223001041 (1)

バスが停まると、バイタクの人達が来ます。

行きたい場所まで連れて行って貰うと良いですね。
IMG_20191219_152901_convert_20191223001147 (1)


プノンペンで、バスの停車した場所はこちらでした。



今回は、ここまでです。

ここまで読んで下さった皆さん、お疲れさまです。ありがとうございました。
(^^ゞ


にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村





関連記事

気に入ったらシェア!

サエッキー
この記事を書いた人: サエッキー
東南アジアを中心に活動中。経験した事の備忘録です。
見やすい記事を目指します。
(´・ω・`)

コメント0件

コメントはまだありません