ドンと来い!アジア!
サエッキー

アジア 行ったり来たり備忘録 ('ω') 

プノンペンのコーヒー

2019年12月25日
カンボジア 0


20191224_205859_0000_convert_20191224230428 (1)

プノンペンの屋台コーヒー

カンボジアやベトナムのコーヒー有名地を巡った結果、プノンペンに来てもコーヒーがないか探してしまいます。

有名店に行く以外でよく飲んでいたのがベトナムコーヒーでした。

フタ付きのアルミ・ドリップで入れるベトナムコーヒー
IMG_20191213_073601_convert_20191217002008 (1)

ベトナムコーヒーは練乳を入れているため、甘いです。

そして、ベトナムコーヒーは甘くても量は少なめです。

ところが、プノンペンの街で飲んだコーヒーは、甘くて量があります。

この店は注文時に「ミルクコーヒー?」と尋ねられて、うなづいたところ、こちらのミルクをいれた甘いコーヒーが出て来ました。
3000リエル(82円相当)
IMG_20191222_095001_convert_20191224223901 (1)

ベトナムでミルクを入れるというと練乳入りのコーヒーが出て来ていましたが、ここはカンボジアなんだと実感できました。

ベトナムからプノンペンへの変化が感じられる事は、面白いです。

でも、甘過ぎる。

プノンペンのコーヒーを飲んで感じるのは、甘過ぎるのひと言につきます。

氷が溶けるまで待てば良いのかも、ですが。


プノンペンの街を歩いていて、路地に屋台を構えている店が2つ並んでいました。
IMG_20191222_143013_convert_20191224224013 (1)

最初に頼んだ店では、コーヒーに砂糖を溶かしたブラックコーヒーが出て来ました。
2000リエル(55円相当)
IMG_20191222_143211_convert_20191224224132 (1)

砂糖がよく溶け切っていなかったですが、コーヒーの苦さが美味しかったです。
IMG_20191222_142950_convert_20191224223945 (1)

量多めで、砂糖も多めの仕様でした。

次の日、隣りの店へ行ってみました。
IMG_20191223_082158_convert_20191224224214 (1)

タイで見かけるような、コーヒーをよく濾して深い味わいが出るような器具が揃ってました。

僕は、見ていて信じられませんでした。

他のお客さんに作る過程を見ていると、砂糖に練乳をタップリ、本当タップリと混ぜ合わせて、そこへコーヒーを注いで氷を入れ…。
49秒動画


とにかく甘そうです。

このスイート・スペシャルを頼んだお客さんには、コーヒーと一緒に、お茶も渡してました。

この店に限りませんが、飲み物はコーヒー以外の物も売ってます。

店の人に水筒を差し出して、缶コーラを2本分入れて貰ってる女性がいました。

プラスチック容器のゴミを減らす運動は、カンボジアでもあるんだな。
IMG_20191223_082502_convert_20191224224238 (1)

さて、僕の番が来ました。

僕はまず、使い切ってない練乳の缶を指差して、それでコーヒーを入れて貰いました。
2000リエル(55円相当)
IMG_20191223_082818_convert_20191224224413 (1)

それでも、やっぱり僕には甘過ぎる…。

あの砂糖+練乳缶のスペシャル・コーヒーって、どんだけ甘いんだろう…。

甘過ぎないコーヒーを入れて貰う事が、プノンペンでの目標になってます(笑)

カンボジアの各地で、練乳をタップリ使う飲み物を見て来ましたが、久しぶりのプノンペンだったため、忘れてました。

カンボジア北東にあるバンルンで、よくコーヒーを飲みましたが、人によっては、ブラックでコーヒーを飲んでいました。

甘さ控えめのコーヒーが、僕は好きだな…(わがまま)


僕は、カンボジアでコーヒーを飲む時に、一緒にサツマイモのお菓子を食べるのが好きなので、プノンペンでも探していました。

ありました。
移動式の屋台でした。
IMG_20191223_135648_convert_20191224224535 (1)

プノンペンで売っているサツマイモのお菓子を食べてみると、砂糖控えめでナチュラルな味でした。

コーヒーが甘過ぎるんで、意外です。

こちらは紫イモタイプ。
初めて見ました。
1000リエル(28円相当)
IMG_20191223_135657_convert_20191224224558 (1)

バナナの揚げ物の屋台もあちこちあります。
揚げたてが美味しい。

1000リエル(28円相当)
IMG_20191222_144844_convert_20191224224153 (1)


プノンペンでも、ブラックコーヒーが出て来ない訳ではありません。

amazonコーヒーで、エスプレッソを頼んだら、甘くなかったです。
5200リエル(142円相当)
IMG_20191219_154516_convert_20191224223838 (1)

amazonコーヒーって、タイ系列のコーヒーショップですね。

カンボジアでは、本当にあちこちで見かけますが、入ったのは今回が初めてでした。

量が普通のコーヒーカップで出て来て、砂糖とクリープが一緒に付いて来ます。

味に変化を求めてクリープを使ったら、何年かぶりの久しぶりの味に、ちょっと懐かしい物に出会った気持ちになりました。

Wi-Fiを求めて入った店でしたが、苦味を求めているなら、amazonコーヒーも良いのでしょうね。
IMG_20191219_153848_convert_20191224223804 (1)

今回は、ここまでです。

スペシャルティコーヒー豆 シングルオリジンお試しセット100g×4種が魅力 送料無料


ここまで読んで下さった皆さん、お疲れさまです。ありがとうございました。
(^^ゞ


にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村





関連記事

気に入ったらシェア!

サエッキー
この記事を書いた人: サエッキー
東南アジアを中心に活動中。経験した事の備忘録です。
見やすい記事を目指します。
(´・ω・`)

コメント0件

コメントはまだありません