google-site-verification=Iu-z6so22cvaWxuw_4rixoPr0nXrlBDdtcCtmrNSVNQ
ドンと来い!アジア!
サエッキー

アジア 行ったり来たり備忘録 ('ω') 

地獄をかたどった像がエグい! コンポンチャムの ワット ノコール寺院

2020年01月03日
カンボジア 2


20200103_064730_0000_convert_20200103085625 (1)

古代遺跡と仏教寺院のコラボ
ワット ノコール寺院
(ノーカー・バチェイ・パゴダ)

コンポンチャムに、古代クメールの遺跡に仏教寺院がコラボしたお寺がありました。
IMG_20200102_135116_convert_20200102222535 (1)

場所はこちら。


グーグルマップのクチコミによると、警察官から1ドルの拝観料を請求されるとありましたが、正月2日だったためか、そんな事はありませんでした。

遺跡に入ってトンネルを抜けて、奥へ入って行くと…。
IMG_20200102_135149_convert_20200102222618 (1)

まず目を引くのが、古代の彫刻でした。
IMG_20200102_135222_convert_20200103085657 (1)

丁寧な作りで、これだけの物を作るの大変だったと思います。
IMG_20200102_135235_convert_20200103093454 (1)

コンポンチャムを流れるメコン川沿いで、こうしたザラザラした火山岩を見かけます。
IMG_20200102_161423_convert_20200103104816 (1)

加工しやすそうに見えます。こうした岩を切り出したのでしょうか?

よくここまで削って形に出来たもんだと感じました。

この周辺で、美容系の学生さんが技術を磨いている姿がありました。
IMG_20200102_135345_convert_20200103093525 (1)

そして巨木が、近くで見守っています。
IMG_20200102_135405_convert_20200103093601 (1)

クメールの遺跡が現役だった頃からずっとそこにあって、ロンノル政権やポルポト政権の時代も見て来たのでしょうね。

更に建物があるので、トンネルを抜けると…。
IMG_20200102_135429_convert_20200103093633 (1)

突然、カラフルな仏教寺院が現れました。
IMG_20200102_135622_convert_20200103093858 (1)

仏教寺院の絵も、非常に力が入っているように感じます。
IMG_20200102_135705_convert_20200103094345 (1)

古代の彫刻に負けないアートを作ろうとした情熱がほとばしっている気がしました。
IMG_20200102_135652_convert_20200103094306 (1)

一方で、こちらの寺院のお坊様方は、正月2日だったためか、ご覧のようにずっと横になられておりました。
IMG_20200102_135731_convert_20200103094620 (1)

その中でも、赤い紐を持ったお婆さんがこちらに来て、売りつけようという情熱を感じました。
IMG_20200102_135814_convert_20200103094717 (1)

僕は静かに手を振って、その場を後にしました。

後でグーグルマップのクチコミを見ると、この女性の事も書いてありました。

他にも、お寺の周辺で、小さな子どもさんから「マネー」と言われたりしましたね…。


お寺の周囲も、彫刻がありました…
IMG_20200102_140407_convert_20200103100044 (1)

落書き、ダメ、絶対!
IMG_20200102_140158_convert_20200103095207 (1)

こんな感じで、古代の遺跡と近代の仏教美術の両方を味わえる、面白いお寺です。
IMG_20200102_140341_convert_20200103095302 (1)


しかし、これだけではありませんでした。

この寺院の周辺に、お釈迦様と干支をかたどった像の数々があるんです。

【⚠お願い】生々しくはありませんが、一部にグロ注意な像もあるので、不快に思われるあなたは、ここで離脱して下さい。

お寺から出て、やや西へ移動すると、こんなピンク色のヘビとガルーダが柵になっていました。

この中に、カラフルな像がたくさんありました。
IMG_20200102_142107_convert_20200103100734 (1)

入口に女神像が2体
IMG_20200102_142135_convert_20200103101128 (1)

ナイフで髪を切る若いお釈迦様
IMG_20200102_142155_convert_20200103101233 (1)

牛に乗る人
IMG_20200102_142203_convert_20200103101328 (1)

何か、この人だけ現代的な服を着ているように感じるのは僕だけでしょうか?
IMG_20200102_142215_convert_20200103101412 (1)

龍に乗る人。この辺り、干支の動物に乗っている像が続きます。
(今年のネズミに乗った像を、何故か撮り忘れました…。興味のあるあなたは、ご自分の眼で見て下さい…。)
IMG_20200102_142217_convert_20200103101648 (1)

痩せた老人
IMG_20200102_142241_convert_20200103101912 (1)

リアルです。
IMG_20200102_142250_convert_20200103102130 (1)

棒を振り上げる女性
IMG_20200102_142257_convert_20200103102329 (1)

正面の女性の顔に、恐れている様子はありませんが…?暴力ではないんですかね?
IMG_20200102_142425_convert_20200103102919 (1)

【次の画像はグロ注意です!不快な方は、即離脱を推奨します!】










内臓を鳥に食われる人…
IMG_20200102_142349_convert_20200103102636 (1)

食われてる人は、眼を見開いてます。
IMG_20200102_142356_convert_20200103102747 (1)

何故か、近くで見てるだけのお坊さん…、
IMG_20200102_142415_convert_20200103102845 (1)

僕の眼には異様に映りますが、何かポルポト政権での出来事を想像すると、こういう作品でなければ溜飲が下がらない作家の気持ちがあるのかもしれません…。(知らんけど。)


干支の続き。河童に見えましたが、猿ですね。
IMG_20200102_142524_convert_20200103103028 (1)

お坊さんなど、ヒーロー勢ぞろいっぽい像
IMG_20200102_142550_convert_20200103103100 (1)

たくさんの像の真ん中には、金色のお釈迦様。
IMG_20200102_142635_convert_20200103103201 (1)

溝にワニがいたり、凝ってます。
IMG_20200102_142711_convert_20200103103231 (1)

参考まで
日本ブログ村のカンボジアランキングで見かける「なかやん」さんも、2年前に足を運んでいたみたいです。
こちら

今回は、ここまでです。


ここまで読んで下さった皆さん、お疲れさまです。ありがとうございました。
(^^ゞ





にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村






関連記事

気に入ったらシェア!

サエッキー
この記事を書いた人: サエッキー
東南アジアを中心に活動中。経験した事の備忘録です。
見やすい記事を目指します。
(´・ω・`)

コメント2件

コメントはまだありません

なかやん

私のブログの紹介もしていただきありがとうございます。

意欲的にご活躍のご様子、ブログ楽しみにしています。

2020年01月03日 (金) 12:40
サエッキー

サエッキー

Re: 私のブログの紹介もしていただきありがとうございます。

すみません!
なかやんさんの名前を間違って書いていたので、訂正しました。
コメント、ありがとうございます!
こちらこそ、楽しみにしてます!


> 意欲的にご活躍のご様子、ブログ楽しみにしています。

2020年01月03日 (金) 12:46