ドンと来い!アジア!
サエッキー

アジア 行ったり来たり備忘録 ('ω') 

コンポンチャムのイケる中華料理「タ・ムエン・レストラン」

2020年01月05日
カンボジア 0

20200105_144242_0000_convert_20200105164756 (1)

比べてみたら、こちら
タ・ムエン・レストラン
(Ta Muen Restaurant)

まず、僕はコンポンチャムの中華料理屋さんへ2ヶ所行って、それぞれの炒飯を食べ比べてみました。

コンポンチャムで最初に行った中華料理屋さんは、こちら。
IMG_20200101_121547_convert_20200105162106 (1)

ハオ・アン・レストラン
(Hao An Restaurant)

こちらの炒飯は塩加減が控えめで、自分で味付けする感じでした。
IMG_20200101_120521_convert_20200105161746 (1)

お値段
270円相当
(2ドル2000リエル)

ピーナッツが無料で出て来たり、気の利いた店でした。
IMG_20200101_120421_convert_20200105161717 (1)

ハオ・アン・レストランは、昔からある中華料理屋さんみたいです。
場所はこちら。



次に、この
タ・ムエン・レストラン
(Ta Muen Restaurant)

へ行ってみました。
IMG_20200105_121544_convert_20200105163413 (1)

ここでも炒飯を食べたのですが、塩加減がちょうど良くて、僕はこちらの店の方が好きでした。
IMG_20200103_121644_convert_20200105162341 (1)

キャベツ、青菜、牛肉、卵で炒めたシンプルな具材です。

216円相当
(2ドル)

店内
IMG_20200103_121426_convert_20200105162257 (1)

タ・ムエン・レストランは、ググって出て来た中華料理屋さんで、こちらのリンクによると、野菜炒めを乗せた炒飯があるみたいです。
iMarkup_20200105_150531_convert_20200105170804 (1)
リンク先より引用

次の日、昼時より早めに店へ行けば、野菜炒め炒飯を出してくれるかと期待したのですが、店は食材の準備中らしく、並べてある鶏肉を食べないか尋ねられたので、OKと言って待っていました。

しかし、出て来た料理はバイサイチュルークでした。あれ?鶏は…?
135円相当
(5000リエル)
IMG_20200104_111156_convert_20200105162833 (1)

このバイサイチュルークに関しては、美味しいですが、いつも食べに行っているバイサイチュルーク屋さんの方が、僕は好きかな。

コンポンチャムでバイサイチュルークを頼むと、プノンペンやシェムリアップと違ってスープは付いてきません。

何ででしょうね?


次の日も、同じ野菜炒め炒飯の写真を見せて、頼んでみました。

この日は、いつもは見かけない年配の女性の姿がありました。
IMG_20200105_120352_convert_20200105163350 (1)

恐らく店主のお母さん=先代の店主ではないかと感じました。

野菜炒め炒飯を店主に頼むと、料理の名前を年配の女性に聞こえるように2回言ってから、料理にかかっていました。

とりあえず席に着いて待っていると、出て来た料理がこちらでした。
IMG_20200105_115620_convert_20200105163311 (1)

前に食べた炒飯より、人参とキュウリが増えたような料理です。

写真で見せた料理とは違うように見えます。
iMarkup_20200105_150531_convert_20200105170804 (1)

味は申し分なかったですが、キュウリは入ってない方が、もうちょっとご飯がパラッとして美味しいんじゃないかと感じました。

本当のところ、分かりませんけど。

お値段は
162円相当
(1ドル2000リエル)
IMG_20200105_115618_convert_20200105163221 (1)

どうした訳か、前の炒飯より、具が増えて料金は下がったみたい…。

更にシツコク、次の日も同じように頼むと、牛肉が入ってました。
お値段は
216円相当(2ドル)
IMG_20200106_113707_convert_20200106153000 (1)

料理名を尋ねたところ、
「バイチャーセッコー」
と聴こえました。

グーグル翻訳で、声を吹き込んで貰うと
「បាយឆាសាច់គោបន្លែ」と表示され、意味は
「牛肉の炒め物、野菜」とありました。

味はそのまま、牛肉と野菜の炒飯で、カンボジアらしく、わりと甘みの利いた炒飯でした。

この店、味がイケてますので、コンポンチャムへ来た方は、1度行ってみて下さい。

タ・ムエン・レストラン
(Ta Muen Restaurant)

場所はこちらでした。


今回は、ここまでです。


ここまで読んで下さった皆さん、お疲れさまです。ありがとうございました。
(^^ゞ


にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村





関連記事

気に入ったらシェア!

サエッキー
この記事を書いた人: サエッキー
東南アジアを中心に活動中。経験した事の備忘録です。
見やすい記事を目指します。
(´・ω・`)

コメント0件

コメントはまだありません