ドンと来い!アジア!
サエッキー

アジア 行ったり来たり備忘録 ('ω') 

海外での買物をするなら このひと手間

2020年02月22日
カンボジア 2


20200221_221154_0000_convert_20200222001455 (1)

カンボジアで
Bluetoothイヤホンを購入

海外へ行く上で、出来るだけ持ち物を減らして、ミニマリストを目指す人が、旅行者には多いです。

物が足りない時は、当然、現地調達して行く事になります。

そんな時のひと手間で、お得な買物が出来ます。

やる事は、見た商品を現地語でググってみる事のみ!



電化製品などは、ネットでの最安値が分かるので、製品を売ってるとこで値引きする交渉材料になります。


さて、僕は今回、リモートワークの仕事を探していました。

リモートワークをする会社は、よく「Zoom」というアプリで会議をします。

こうした事を、僕はリモートワークの会社の面接を受けるまで知りませんでした。

「Zoom」というアプリは、
要するにSkypeをみんなで繋がって一緒の画面でまとめた物でした。


僕は6〜7年前に、フィリピンの英会話学校の授業をSkypeで受けていました。
20190210213757_convert_20200222001517 (1)

その時は、Skypeマイクというレシーバーで相手の声を聴いて、こちらもマイクで話していました。

そこで最初、レシーバーを購入しようとしました。

でも、今の時代はBluetoothイヤホンを皆使ってますよね?

Skypeマイクなら安いと思ってカンボジアで探したのですが…。

そもそもスマートフォン屋さんにも、電気屋さんにもほぼ置いてませんでした…。(@_@)
IMG_20200116_144050_convert_20200220161138 (1)

置いていても、むしろ高い…。
19ドル(2126円相当)
IMG_20200116_143847_convert_20200220160947 (1)

今の若い子達は、音楽を異性と一緒に聴く場合も、無線で別々なのかな?
(どっちにせよやった事ないですけど…。)
rectangle_large_type_2_77dc8f9f07a15bdca34dcf9019c428c9_convert_20200221235516 (1)

もう時代が変わり切ったのを感じて、僕もBluetoothイヤホンを買う事にしました。

こちらのイヤホンは、何故か片耳だけの商品みたいですが、
15ドルと言われました。
IMG_20200116_144009_convert_20200220161041 (1)

そして、スマートフォン屋さんで出て来た、こちらのイヤホンも
15ドルでした。
IMG_20200117_130307_convert_20200220161344 (1)

そこでお金を出して、支払ったのですが、今はググったら何でも分かる時代です。

試しにネットの料金も探してみると、
9.15ドルで売っていました。
iMarkup_20200221_212522_convert_20200221235455 (1)

そのまま価格を店の人に見せて、安くならないか尋ねてみましたが、相手は首を立てに振りませんでした。

曰く、
「それは中国が国内で売ってる値段だ」と。

中国の店が、ドルで売るんかーい!

ツッコミどころ満載で、どう考えても適当な言い訳にしか聴こえませんでした。

相手が反応しないので、買うのを止めると言ってみても、最初は支払いを済ませたのだから無理だと言われました。
249c91e53cf97c80aefaf6c1c7f1d23c-620x690_convert_20200216075643 (1)

この店は夫婦でやってるみたいでしたが、その両方が無理というのです。

でも、そこを何とか、みたいに粘っているとオバちゃんの方が折れてくれました。

15ドル→13ドル

ハッキリ言ってセコいでしょうが、これで少し高いお昼ごはんが食べられて、ちょっと嬉しかったです。

日本人は初めていく海外の国で、ボッタクリに会う事が多いですが、ネットでも買える商品に関しては、大体の値段を調べてから購入した方がお得ですね。
IMG_20200117_075227_convert_20200220161257 (1)

こんなの、日本国内ならば誰でもしている事だと思いますけど、海外に来ると、僕はつい忘れていたりします。

それもこれも、相手がOK出してくれないと無理ですけど、ダメ元で交渉の材料にするにはうってつけ。

オススメです。

今回は、ここまでです。

あわせて読みたいリンク

更新中
》WHOも注目!ベトナムの新型コロナウイルス対応(+中国&カンボジアの対応)

ラオスでアムロ飯見つけました。 砂漠の街の固そうな○○とそっくり…!

【心に残る生き方】働く大人の女性にオススメ映画3選

日本のカードが使えない! 国際電話がかからない!

ラオスの世界遺産ワットプーへ行く方法

ここまで読んで下さった皆さん、お疲れさまです。ありがとうございました。
(^^ゞ





にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村






関連記事

コメント2件

コメントはまだありません

たかし

いやいや

店舗とネットの価格は同じではないでしょう。。しかも2ドルをディスカウントするって。あなたのビジネスでもディスカウントされて嬉しい?

2020年02月22日 (土) 07:24
サエッキー

サエッキー

Re: いやいや

返信、ありがとうございます。

なるほど。

確かに、売る側だったら間違いなく有り難くない客です(苦笑)


電気屋さんで現物を見て、ネットで安く購入する人の話を聴きます。

自分が店の立場なら、商品が売れるなら、ネットと比較した価格をお客さんに話して貰った方が対策を考える事も出来て、良いと思うかも。

そこは、買う側の気持ち1つかと、思いました。


> 店舗とネットの価格は同じではないでしょう。。しかも2ドルをディスカウントするって。あなたのビジネスでもディスカウントされて嬉しい?

2020年02月22日 (土) 11:50

トラックバック0件

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
更新順
  1. NEWER ENTRY

    越中国境→封鎖を解いてるが 僕はベトナムへ入国出来なかった

  2. OLDER ENTRY

    マルチ商法もある?新型コロナウイルスで流行る在宅ワーク

同カテゴリ
カンボジア
  1. NEWER ENTRY

    プラムマンゴーとグリルビーフ弁当

  2. OLDER ENTRY

    7ステップスの滝へ自転車で往復46Km カシューナッツ・フルーツを初めて見た日