ドンと来い!アジア!
サエッキー

アジア 行ったり来たり備忘録 ('ω') 

カンボジアで働いてなくても、ワークパーミットは取れる?

2020年06月10日
カンボジア 0



VISA申請を頼んだ店で
ワークパーミットについて尋ねてみた

カンボジアの女性と結婚した日本人の男子が、ワークパーミットを持っていたので、僕も取ってみる事にしました。


結論から書くと、働いてない僕はバッタンバンの代理店で
ワークパーミットを取れませんでした。



しかも、
キャンセル料を支払わなければいけないです。

ワークパーミットのプノンペンでの取り方はこちら


けれど、申請方法は分かったので、報告します。


ワークパーミットを申請した店は、このピンより少し南にありました。



バッタンバンで、カンボジアのビジネスVISA延長を頼んだ店に、ワークパーミットに必要な書類を尋ねると、
写真と指定病院で健康診断書を医師に書てい貰う必要があると言われました。
(病院では、
 要パスポートです。)



バッタンバンの写真屋さんは、
場所によっては証明写真を撮ってくれないところもありました。


旅行代理店近くにこんな写真屋さんがありました。



場所はこのピンの角から、南へ進んで2店舗目にありました。



この写真屋さんは、カメラマンの旦那さんが片マヒで、やや不自由そうでしたが、外国人に対しても普通に対応してくれて良かったです。



写真の背景はでした。



プリントアウトやカットのような細かい作業は奥さんがしていました。



4×6cmの写真が2枚いると言われましたが、8枚出来ました。



写真の料金は
2ドルでした。


さて今度は、
指定された病院へ向かいます。


こちらの病院と言われましたが、グーグルマップにはありませんでした。


このピンより、少し北にありました。



入口。



中へ入ると、COVID-19の注意書きがあちこちにありました。


受付以外に、看護婦さんがいるテーブルがあるので、声をかけると、
パスポートを出すように言われました。



身長と体重をこちらの機械で測ります。



昭和生まれ的には、てっきり身長を測るために、バーが降りて来ると想像していましたが、待っていたら
デジタルで測定されていました。



次に血圧測定がありました。


日本では通常血圧は、上が120の筈でしたが、2度測っていずれも上が80代の低血圧でした。



この後測る
血液検査の結果に2時間かかるため、待っている間に食事して、再度測って貰いました。


それでも上が80代。
pose_naruhodo_man_convert_20190602170203 (1)


自分って、こんな低血圧だったのか…。


カンボジアの食べ物は糖分を多く含んでいるみたいで、1日1食とちょっと間食するだけで、お腹は減りません。


そんな食生活から、低血圧になってしまったか?



何故か、
体温は測られませんでした。

いいの?


次に、2階へ移動して血液検査を受けます。



検査の看護師は珍しく男性でした。


血を抜いたら、ガムテープっぽい粘着力のある絆創膏を渡されます。



最後に、ドクターの診察を受けます。



胸に直接聴診器を当てて診察するかと思ったら、
服の上からでした。


以上で終わりでした。


2時間待って、病院に来てみると、テレビで織田裕二主演の映画「ホワイトアウト」が流れていました。
(誰得情報)



健診結果を渡されました。



受付で診察料金を払います。



料金は
14.5ドルでした。



しかし、よく見ると診断書の欄に
血液検査結果項目がありませんでした。


どうせ検査したなら、結果を知りたいのが人情です。


受付のお兄さんに血液検査の欄がない事を指摘すると、結果を探して、プリントアウトしてくれました。


見ると、
B型肝炎とC型肝炎、それにHIVの検査結果がnegative(陰性)とありました。



日本の病院で血液検査を受けた場合、検査は病院外でしていたので、数日かりましたが、カンボジアでは
当日に出来るみたいです。


そして、ワークパーミットに必要な書類を揃えて、申請しました。


ワークパーミットの料金が
163$と言われましたが、諸々の費用で
合計378$必要との話でした。


何か経費が、無茶苦茶膨らんだんですけど…。



一応、経費としてかからなければ返すと言われましたが、こんなシチュエーションで返金された試しは1度もないし。


しかも、申請から
時間がかかるみたいです。


最初は1ヶ月かかると言われましたが、1ヶ月後にさらに
「もう1ヶ月かかる」と言われました。
合計2ヶ月

VISAの取得に1〜2ヶ月かかると聴いていたので、それくらいかかると思いました。


ところが、
1ヶ月かからずに電話があり、店舗に来るように言われました。


行ってみると、
ワークパーミットの許可が下りなかったという結果でした。


ええー!!!



しかも、キャンセル料として
100ドル払う必要があるそうです。


高すぎると言うと
キャンセルすると高額の罰金を払わなければいけない
と言われました。


いや、ホンマに高すぎでしょ。


料金を更に上乗せすれば、ワークパーミットを取れたかもしれませんが、見合わせました。
thumb_5df3bf9f-d75c-484f-a4de-c73aa0a4f56b_convert_20190520231339 (1)


結局、すべて無駄でした。


かかった経費
2ドル(写真代)
14.5ドル(健康診断料)
100ドル(キャンセル料)
116.5ドル(12510円相当)


残念。


今回は、ここまでです。

ここまで読んで下さった皆さん、お疲れさまです。ありがとうございました。
(^^ゞ


にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村





関連記事

気に入ったらシェア!

サエッキー
この記事を書いた人: サエッキー
東南アジアを中心に活動中。経験した事の備忘録です。
見やすい記事を目指します。
(´・ω・`)

コメント0件

コメントはまだありません