ドンと来い!アジア!
サエッキー

アジア 行ったり来たり備忘録 ('ω') 

バッタンバンでカラフルな銅像が並ぶお寺 カンフェン寺

2020年07月04日
カンボジア 0



バッタンバンの
カンフェン寺(Kampheng Pagoda)

バッタンバンのお寺はいくつか見ましたが、グーグルマップのクチコミ★4.2の良さげな場所を見ました。

評価★5のご意見

とても静かで、落ち着いたお寺です。

広い敷地には、いろいろな像が並んでおり、ゆっくり散歩しながら眺めるのも楽しいです。


行事があると、真っ直ぐ伸びる道にカンボジア国旗や仏教の旗が並びとても美しいです。



ほー、色々な像があるのか…。

散歩がてらに行って来ました。


結論からいうと、庭園の管理があんまり行き届いてない様子でしたが、当日も
人が集まって催し物の用意をしていたので、地元で大きめのお寺といった印象でした。


カンフェン寺の壁はケツァルコアトル(龍)と支える人で囲まれていました。




尻尾をつかむ人。



門から入ります。



コマネチする前ですか…?



お寺に入ってすぐ、バナナの木があるますが、あんまり手入れされてない感じ。



このお寺の広い庭園で、一番目立つのが、この塔。



カンボジアの寺院ではよくある馬の像ですが、色鮮やか。



どこのお寺の像でも、尻尾を捕まえてます。何故だろ?



足元には蓮の池。



立札は取れてしまってる…。



このお寺の像は青が基調だなあ。



死体像まで青を基調に合わせてる…。



死体そばの鳥はカラスじゃないけど、数いて恐そう。


なんかの戒めなんだろうな。



舌も青い…。チアノーゼ起こしまくった末の死亡かな。
息苦しい最後だったかと思うと合掌。
(コロナの検査は生きている内にした方がいいですね。)



お爺さんの像。



背後に血かケチャップが付いてます。
(どういうシチュエーションか分かりませんが…)



こちらのお爺さん像は
お花を見てて、いい感じ
(たまたま?)



蛇と鷲の弱肉強食像



カンボジアの方が亡くなると、お金持ちの方は、こうした仏塔を建てるみたいで、
時々、人の写真が飾られていたりします。



お堂がありましたが、中に入れません。



船があります。



蓮の葉が浮かんで、大きな植木鉢になってました。



クメール的女官像



インドっぽくガネーシャ像もあるカンボジア。
某本の影響で、ガネーシャに関西弁しゃべりそうなイメージがあるけど、
本場の真面目なガネーシャですね。



前シアヌーク国王と皇后の像かな?



新型コロナの対策の冊子はどこにでも貼ってあります。



勝手にお寺を見せて貰っていたら、催し物の準備で偉い人っぽい方々と作業員の方々がいました。
像の写真を撮りつつ、無言会釈で通り過ぎました…。
(気まずい…)



中心にこんなのを作ってました。



カラフル!



はだけそうな子どもの仏陀像。
カンボジアの小さな男の子は素っ裸で育てられているのを見かけるので、その影響?



涅槃像



こちらもカラフルな作風。



この像で驚いたのが、
仏陀の足に曼荼羅が描いてあった事



タイ・バンコクのワットポーにある巨大涅槃像が有名ですが、他で見る事はあまりない気がします。



釈迦と弟子で対話中。



お釈迦様の剃髪。



お寺の近くにプサラウ
(Psar Leu)という市場があったので立ち寄りました。



シャッター閉まり気味。



バッタンバンの南の市場は、
北より貧しそうに見えました。
外にはフルーツや食べ物屋さんが並んでいました。



市場から離れたミカンのお店。どこもキチンとミカンが積んであって、好感持てました。
買ってみれば良かったな。



コロナ禍で学校は閉じたままですが、子どもさんが電化製品を直していました。



さよなら。



今回は、ここまでです。

ここまで読んで下さった皆さん、お疲れさまです。ありがとうございました。
(^^ゞ





にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村






関連記事

気に入ったらシェア!

サエッキー
この記事を書いた人: サエッキー
東南アジアを中心に活動中。経験した事の備忘録です。
見やすい記事を目指します。
(´・ω・`)

コメント0件

コメントはまだありません