ドンと来い!アジア!
サエッキー

アジア 行ったり来たり備忘録 ('ω') 

バッタンバンでタイバーツをリエルに交換するとお得?

2020年10月15日
カンボジア 2



バッタンバンでは、バーツの両替の方が円を両替するよりお得

今回は、
バーツ→リエルと交換する場合の手数料は、
円→ドルかリエルに交換する場合より手数料が安い
、という話です。


カンボジアにいて、手元にバーツを持っているあなたは、交換してみると良いかもしれません。



9月の終わり頃、たまたま500バーツをカンボジアの通貨リエルに交換してみました。


両替できる場所はピンで示された銀行から右側へ行った周辺に、店が軒を連ねています。



店には赤い看板で両替レートが表示されているので、分かりやすいです。



僕はクメール語が読めなくて、タイバーツのレートがどこに表示されているかも分かりませんでした。


バッタンバンにある両替レートでは
1番下の表示でした。


10バーツ→1303リエル
の交換比率でした。

その場のネット情報などを計算すると
10バーツ=1295.3リエル

両替屋さんが
8リエルほど安い!


具体的には
500バーツ→65150リエル

の両替でした。

バーツ→ドルのレートをネット上で確認すると
(バーツ→リエルというレートは見当たらず)
500バーツ=15.7578ドル


15.7578ドルは店のレートでリエルに交換すると
1ドルあたり
✕4110なので、

500バーツ=64764.5...リエル


つまり
10バーツ=1295.3リエル

両替所でバーツからリエルに交換すると

10バーツ→1303リエル
だったので、
ネットのレートより8リエルほどお得。


と言うか、普通なら交換レートは手数料を含む分、

ネットのレート<交換レート
となるはず。

だのに、今回の交換レートでは

ネットのレート>交換レート

手数料が引かれず、むしろ両替金としてリエルを足された値になっていました。



つまり、この場合、
バーツからドルに交換すればするだけ、得になります!




ところが世の中、そう甘くはありませんでした。
(切り替え早いです。)



半月ほど経った10/14、
レートを確認すると…。
ネットのレート>交換レート
でお得だったはずのレートから

ネットのレート<交換レート

となっていました。(これが普通なんですけどね。)



具体的には交換レートが

10バーツ→1311リエル


ネットのレートでは
10バーツ=0.3207ドル
≒1317.4リエル

以前は8リエル得をしていたレートが、今回は
6リエル、両替した方が高くなってます。


内訳として
ネットのレートでは
10バーツ=0.3207ドル


リエルで統一するため、ドルからリエルに変換すると
1ドル=4108リエル
だったので、

✕4108=1317.4356リエル

交換レートは
10バーツ=1311リエルでした。


今日の方が、以前の相場
(10バーツ=1303リエル)
よりバーツ高
(10バーツ=1311リエル)
になっている影響なんでしょうか?

前より10バーツあたり8リエル高い交換比率なので、今回の方が以前よりもレートが良かったです。


どうも、その日のレートによって、手数料の比率は変わる(?)事があるようです。



ここまでバーツからの交換を見てきました。


では他の外貨だと手数料がどれくらい取られるか、日本円で見てみましょう。


今日の日本円→ドルのレートだと、
1万円→91ドルでした。

ネットのレートでは
1万円→94.8847ドル


これは、日本円で10バーツ分の3.7761円
をリエルに交換する毎に
15リエルの手数料を支払う事になります。



具体的にネットのレートと比較すると、1万円あたり
3.8847ドルの手数料を取られています。

これは日本円で
409円ほどの手数料です。


10バーツ=3.7761円なので、
3.7761円分をドルに変換すると
94.884ドル÷10000✕3.7761
=0.0036859....ドル

単位をドルからリエルになおして
✕4108すると、
15.1416リエル


バーツだと6リエルの手数料だったので、
日本円で15リエルの手数料という事は、
2.5倍高い手数料です。


つまり、
バーツをリエルに交換する方が、日本円をリエルに交換するより手数料が2.5倍安いです。


これはバッタンバンなど、タイ近辺だけの現象でしょうか…?


今回は、ここまでです。

ここまで読んで下さった皆さん、お疲れさまです。ありがとうございました。
(^^ゞ





にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村






関連記事

気に入ったらシェア!

サエッキー
この記事を書いた人: サエッキー
東南アジアを中心に活動中。経験した事の備忘録です。
見やすい記事を目指します。
(´・ω・`)

コメント2件

コメントはまだありません

通りすがり

当たり前でしょ、、、
タイの方が近いんだから、、、
しかもタイバーツは東南アジアで一番優秀な通貨なんだから、、、
カンボジアでもマレーシアでもラオスでもミャンマーでもベトナムでもシンガポールでもタイバーツとの両替はほぼ手数料なしですよ。

2020年10月16日 (金) 21:30
サエッキー

サエッキー

通りすがりさん、ご意見感謝です。
なるほどですね。

僕的には
ポイペトやパイリンなら、タイとの国境横なので分かりやすいんですが、バッタンバンから国境へはやや離れてるイメージ
ポイペト(115km)や
パイリン(103km)でいました。

何事も確認しないと分からないのが僕なんですよ。

情報があれば共有できると嬉しいですね。

ありがとうございました。

> 当たり前でしょ、、、
> タイの方が近いんだから、、、
> しかもタイバーツは東南アジアで一番優秀な通貨なんだから、、、
> カンボジアでもマレーシアでもラオスでもミャンマーでもベトナムでもシンガポールでもタイバーツとの両替はほぼ手数料なしですよ。

2020年10月17日 (土) 00:43