google-site-verification=Iu-z6so22cvaWxuw_4rixoPr0nXrlBDdtcCtmrNSVNQ
ドンと来い!アジア!
サエッキー

アジア 行ったり来たり備忘録 ('ω') 

防災な話②(具体的な火山灰の水対策)

2019年05月16日
災害 0

僕がオススメしたい火山灰対策

こんにちは。サエッキーです。

今回は、もし富士山が噴火して日本中に灰を降らせたと仮定して、具体的な火山灰への備え方を書きます。

あなたがこれを読んで、備えるキッカケになれば嬉しいです。
kagenagara_ouuen_man_convert_20190516145847 (1)

水は貴重品

1.1 普段から飲み水以外も含めた『水』を必ず確保しておきましょう。

普通、こんなの見たくらいでは、みんな用意しませんよね?

ちなみに僕はクリスタルガイザー派。

火山灰が水に混じると酸っぱい、苦い、金属臭がするといったように味が悪くなります。

火山灰の含まれた水は、沈殿を待って上澄みを使うように推奨されていますが、自分で蓄えておくに越した事はありません。

また、給水施設に大量に火山灰が混じっている場合、洗濯機や食器洗い機に水を使わないようにしましょう。

故障の原因になります。

Vertical_eruption_at_Pinatubo,_1991

さらに災害が起こると、スーパーやコンビニで水のペットボトルが少なくなる事が多いですが、火山灰の清掃には水を撒く必要があるため通常の災害以上に水不足に陥りやすいんです。

トイレの水も必要です。
灰が目に入ったら炎症を起こして、痛いです。
「水くれー!」ってなります。

ここで重要なのは、飲み水以外の水も余計に蓄えておく事です。

まずペットボトル7本用意して水を貯めておき、使う

ペットボトルの水を用意する習慣を作りましょう。

普段は何気ない水でも、用意しておくと、ホントに助かりそう…。

さらに、火山灰が降ったら、汚れた水も残しておき、トイレの処理に使いましょう。

こういうのが役に立つでしょうが、水不足だとタオルを水で絞っての清拭が現実的な気がします。
シャワーのような構造は、火山灰が詰まりやすいので。

ポンプ式シャワー

やはり、普段から空いたペットボトルにいくつか水を入れておくと、いざと言う時のあなたが助かるはずです。

用意しておくのは、使い捨て出来るボディシートが現実的です。

さらに
1. 2 ボディシート

1.3 ドライシャンプー
は、あるとスッキリして、気分転換できて〇。
ストレスの溜まりやすい時、気分転換は大事ですよ。

1.4 香水(好みで)

1.5 ファブリーズ(身体に悪いとか、匂いが嫌な人もいますので、賛否ありそうですが)

1.6 下着類
(避難所で手に入りにくいので、普段から用意しておきましょう。
「すでに避難所にいる状況」だったら、と想像すると、今なら争う事なく用意できます。
これは非常に後の事を考えると貴重です。
下着くらいで大袈裟だと思うかもですが、
あなたが自分の力がないと考えているなら大事なリスクヘッジです。)

1.7 生理用ナプキン
(洗濯しにくい環境では、生理のない方や男性も使い捨てのこうした物があると良いですね)

1.8 オムツ(赤ちゃん、大人用)、おしり拭きようの濡れタオルも用意しましょう。
普段手に入るものがないと不便ですよね。サイズの合ったものが欲しいです。
オムツおしり拭き

1.9 軍手(手が洗えない環境での瓦礫の撤去、炊き出し、トイレ掃除など)


bousai_goods_convert_20190516153649 (1)

しろくまさん(@hontounokotoga_)のツイートより


要するに①備えて ②日常で使って ③買い足す。
それがこのローリングストック法という備蓄のルールみたい。

とにかくルール的に
①古いものから使う
②使った分は補充

この時、カセットコンロも日常で使ってしまえー、というノリがステキ。
冬なら鍋ですな。

こちらのツイートに最低限必要なものと、あれば良いもののリストもあります。

これでチェックすれば、良いんじゃね?

ぜひ、チェックしてみて下さい。
結構、見ていて思うのが、筆記用具とあったりしますが、マジックがいいですよね。
こちらのリスト、高齢者や乳幼児の分が分けて書いてあるのが嬉しいです。

このリストの備蓄品で、僕がいつもローリングストック法みたいにしようとしてうまく買い足せないのが乾電池です。
あなたが乾電池を備蓄する場合、日常の何に乾電池を使うか決めておくといいかも。

1.10 ライトがいいです。

震災時の話で避難所に使えるライトが1本だけだと、1人がトイレまでライトを持って行くと、待っているもう1人はライトがなくて困る事があったそうです。
もう1本あると便利です。

2本用意するって、ちょっと理想論かもしれませんけど、それだけ避難所ではイライラしたり、気を遣うでしょうね。
あと、水不足にお役立ちグッズ
1.11 ラップ(お皿洗わなくても良い。)

1.12 割り箸、紙コップ、紙皿(手が汚れていても食べられるように。)

1.13 ポリタンク(水を貰いに行けます。)

小分けのペットボトルの方が普段使うには使いやすいので、やはり用意しておくといいです。(しつこい)

1.14 ビニール類
 (バケツにビニール入れたら、水が貰えます。
火山灰を集めたり、ゴミ袋にしたり必要なアイテム。)

1.15 バケツ(トイレ処理、火山灰処理に欲しいです。プラスチックの丈夫なものが良いです。)

洗面のためには、こういう折り畳みバケツも持ち運びに便利です。要は使う場面で分ける事。


灰の処理には、こういった普通のバケツの方が使いやすいので100均などでどうぞ。


汚水処理などの施設も灰で使用不可になると、病気の危険性が増すと言われています。

むしろ、汚水処理施設が通常運行でも、避難生活で水不足な中では確実に感染症が蔓延します。

お腹を壊すと更に水が必要になるし、悪い循環になってしまいます…。

あなたが自分の身を守るために、日頃から水を確保しておいた方が楽ですよ。



ここまで読んで下さった皆さん、お疲れさまです。ありがとうございました。
(^^ゞ

日本ブログ村のランキングに参加してます。

拍手をポチッと押して下さると喜びます!
('・ω・')

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村






強調文
関連記事

気に入ったらシェア!

サエッキー
この記事を書いた人: サエッキー
東南アジアを中心に活動中。経験した事の備忘録です。
見やすい記事を目指します。
(´・ω・`)

コメント0件

コメントはまだありません