ドンと来い!アジア!
サエッキー

アジア 行ったり来たり備忘録 ('ω') 

車の火山灰対策

2019年06月01日
災害 0

20191227_151733_0000_convert_20191227172247 (1)

今回は、車の火山灰対策についてです。

時間節約したい方は、
≫鹿児島県民による火山灰で汚れた車の洗車方法

≫【水道なしでもOK】車に灰が積もったときの応急処置まとめを見てください。

(いくつか見ましたが、
 鹿児島のブログ
 良かったです。体験した人に勝るものなし。)


気をつける事7選

①車の使用は最小限に。
 (要カバー


舞い上がる火山灰が、他の方の健康を害します。



使わない時は車をカバーで覆って、火山灰から守りましょう。

こうなります。
Ashfall_from_Pinatubo,_1991_convert_20190515101846 (1)
英語版ウィキペディアより引用


⚠車の移動で火山灰が舞い上がると視界が悪く、無燈火の車がいても分かりません。


⚠タイヤ周りも滑りやすいため、運転は危険です。


⚠しかも、火山灰は車のあちこちに入り込んで、故障する原因になります。


ワイパーや洗車機は厳禁。


火山灰の窓汚れに対しワイパーを使うと即、窓ガラスに傷が付きます。

洗車機も傷の原因です。
厳禁。


火山灰のマニュアルでは、窓ガラスにワイパーを使うならウォッシャー液をたっぷり使う事を推奨とありますが、
無理みたいです。


高圧洗浄機がベスト。
なければ
ペットボトル水の滝落としで。


洗車するのに1番いい方法が
高圧洗浄機で、火山灰を飛ばす事です。


近くに電源がない場合、
ペットボトルに水を入れ、
高いところから火山灰に向けて勢いよく流しましょう。



火山灰は硫化水素や二酸化硫黄を含み
「水に溶けると酸性
=塗装その他にダメージ」
となるので、早めに掃除したいところ…。


一方で、火山灰をかぶった環境では、多量の水が必要なので、
ひと雨降ってから掃除する手もあります。


排水口は、すぐ詰まる。



ただし、車を洗った先の排水口に火山灰が詰まる事を考えて、除ける火山灰は出来るだけ袋につめて不燃物ゴミに出しましょう。


鹿児島では、火山灰を
克灰袋こくはいぶくろ」という専用の袋にいれ、捨てる場所も決まっています。
(参考まで。)


とにかく、濡れた灰はすぐ詰まります。


天気と風向きを予測してから行動


洗車したところへ、また火山灰が降る事もあります。
(要カバー)


火山灰が降らないか?
を見計らい、
灰が降るなら
風向きはこちら向き?
雨が降ってくれない?
と情報をチェックして洗車するのが、賢い対策です。


⑥火山灰が積もっている車には、ダストブロアーで飛ばすと良いです。

こういうの。


あくまで、一時的な清掃で出来るだけ傷つけないためです。


出先で用意がない場合、車が傷つく事を覚悟して掃除する方法もありますが、一時しのぎで傷はつくみたい。


一応、羽のついたホコリ取りや布ではたくのがいいそうです。


⑦火山灰の環境では、車の消耗が激しい。
jiko_car_kosyou_convert_20190601195101 (1)

火山灰のマニュアル的には、エンジンオイルやエンジンオイルフィルター、エアフィルターは通常より消耗が激しいため、頻繁に交換が必要、とあります。
(火山灰が多い時は80〜160キロ、少ない時で800〜1600キロごと)

ともかくコマメに手入れしないと故障の原因になります。
kazanbai_convert_20190601194953 (1)

この辺を抑えておきましょう。


まとめ

①車の使用は最小限に。
 (要カバー)
②ワイパーや洗車機は厳禁。
高圧洗浄機がベスト。なければ
ペットボトル水の滝落としで。
④排水口は、すぐ詰まる。
⑤天気と風向きを予測してから行動
(情報チェック大事)
⑥火山灰が積もっている車には、ダストブロアーで飛ばすと良い。
(ただし、一時しのぎ。)
⑦火山灰の環境では、車の消耗が激しい。

ぜひこちら見て下さい。
鹿児島方面のブログ見るのが、1番為になります。

鹿児島県民による火山灰で汚れた車の洗車方法

【水道なしでもOK】車に灰が積もったときの応急処置まとめ


今回は、ここまでです。

よければこちらもどうぞ

僕が日本人全員に読んで欲しい火山の話


ここまで読んで下さった皆さん、お疲れさまです。

ありがとうございました。
(^^ゞ


にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村






関連記事

気に入ったらシェア!

サエッキー
この記事を書いた人: サエッキー
東南アジアを中心に活動中。経験した事の備忘録です。
見やすい記事を目指します。
(´・ω・`)

コメント0件

コメントはまだありません