google-site-verification=Iu-z6so22cvaWxuw_4rixoPr0nXrlBDdtcCtmrNSVNQ
ドンと来い!アジア!
サエッキー

アジア 行ったり来たり備忘録 ('ω') 

持たざる者の長所

2019年06月03日
災害 0

はじめに


こんにちは。サエッキーです。

今回は、5〜6年前に親と話して、自分の出来る事を再確認した話です。



知事の話

ある時、住んでいるところとは違う街で県知事の話を聴いていました。

その頃、知事が話していた事を大まかにまとめると以下の通りでした。

私達の県では、非常時に拠点病院を公演の行われている街へ移します。

僕の住んでいる県は、海に面していますが、この公演があった街は山の方にありました。

つまり、津波がやって来たりすれば、拠点病院を山に移すという事です。

そもそも僕の住んでいる県は、県庁所在地自体が海のすぐ近くにあります。

山間地域は不便かもしれませんが、災害時の拠点に良いのでしょう。

翻って、僕の親は海からそう遠くない河の近くに住んでいます。

僕は、災害時に親が厳しい環境に晒される恐れがあるため、話をしようと思いました。

ところが、普段の人間関係がこういう時に出ますね。

僕の親は、僕が子どもの頃から暴力を振るうタイプの人でしたが、僕の話に興奮するばかりで、あまり聴く方向性が感じられませんでした。


親との会話


僕は親に何も飾らずに、河の近くは津波に対して危険だから、別の場所へ移動してはどうか、と尋ねてみました。

そして、知事が災害時に拠点病院を移すと言っているけども、どういう事だと思うか聴いてみました。

ところが、親は家を離れようとは考えません。

災害時に拠点病院を内陸部に移す事に関しては、その方が安全だから、そうするんだろう、と言っていました。


持たざる者が持っている物

親は言いました。

「津波は家の屋根を越えて来る事はない!」

「3.11の津波の映像は見たやろ?屋根なんか越えてくる。」

「もし、大きな津波が来た時は、町の人を屋上に避難させる。」
business_syakai_aranami_convert_20190513221503 (1)

どうも、普段から対話もあまりない関係が、さらにこじれさせているように感じ、僕はその場を後にしました。

親は、マイホームにたくさんのお金をかけました。

母は結婚した頃に、いつかヨーロッパを鉄道で周りたいと父と話していたらしい。

けれど、家を建てるとそれで満足したと言っていました。

日本人にとって、マイホームは本当に夢だと思います。

僕の同世代くらいの女性で、災害が来た時に備えて家を離れようと考えるだけ考えたものの、マイホームがあまりに良すぎて、どうしても離れる気にはなれないと言っていた人がいました。

日本人の多くは持っているがために、そこからは離れられない。

家を建てた人には、そういう人が多いと感じるのです。

自分はとてもマイホームには遠く及ばず、それは悲しい事なんでしょうが。


思えば、ウチの親とは金銭感覚からして違うと思う事が多かったです。

10年ほど前に、僕が引っ越しを考えた時に、親はオートロックのキッチンと2部屋ついたマンションを勧めて来ました。

母は、そこに住みたい雰囲気を感じたのでしょう。

一応、親的には結婚を見越して、僕にここに住め、と考えているのだろうとは思いましたが、僕は介護関係の薄給の身でした。

もっと身の丈にあった場所に住んだ方が賢明だと思いました。

けれど、あんまり親が
「1度試して、嫌ならまた別の場所へ行けばいい」と言うため、自分とは違う価値観の家に住むのも1度はいいか、と住んでみました。
ahiruguchi_man_convert_20190527150510 (1)

半年ほど経って、僕は別の場所に引っ越しました。

僕は、親とは価値観が違うな、と改めて感じたエピソードが1つ出来ただけでした…。

僕は親よりお金持ってない事は間違いないですが、持っていない事で身軽ではあります。

これを長所としていく事で、行動していきたい。

そんな訳で、備忘録だけのブログかもしれませんが、命の危険を考慮して、住む場所を決める事をあなたに勧めます。

よければこちらもどうぞ

僕が日本人全員に読んで欲しい火山の話

ここまで読んで下さった皆さん、お疲れさまです。ありがとうございました。
(^^ゞ



日本ブログ村のランキングに参加してます。

拍手をポチッと押して下さると喜びます!
('・ω・')

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村





関連記事

気に入ったらシェア!

サエッキー
この記事を書いた人: サエッキー
東南アジアを中心に活動中。経験した事の備忘録です。
見やすい記事を目指します。
(´・ω・`)

コメント0件

コメントはまだありません