google-site-verification=Iu-z6so22cvaWxuw_4rixoPr0nXrlBDdtcCtmrNSVNQ
ドンと来い!アジア!
サエッキー

アジア 行ったり来たり備忘録 ('ω') 

思春期前から読んで欲しい本

2019年06月17日
0





こんにちは。サエッキーです。

今回は、小中学校のお子さんに読んで貰いたい本を紹介します。

『精霊の守り人(上橋菜穂子)』



精霊の守り人って、綾瀬はるかさんが主人公バルサ役をして、ドラマになってましたね。

結構、私知ってる、という方が多い本でしょう。

カテゴリー的に児童文学となっています。

個人的に図書館で児童コーナーまで行くのが、ちょっぴり恥ずかしかったですが。

(あらすじ)
精霊の卵を身体に宿す運命を背負わされたチャグムという王子が、帝に「悪しき精霊の卵を宿している存在」と断定されます。

結果、チャグムは実の父親である帝に刺客を送られて殺されそうになります。

そのチャグムの母親、ニノ妃にのきさきから王子を助けるように頼まれて受けたのが短槍使いのバルサという女用心棒。



何故この本を、勧めるかというと、チャグムが精霊の卵を宿している自分の運命を呪って、バルサに怒りをぶつけるシーンと、その後、バルサが自分の身の上話をしているのをチャグムが聴いて、自分をかえりみるところがあるんですね。
reading_boy_convert_20190617213001 (1)

これ、思春期には身に覚えがある話だと思うんです。

ま、精霊の守り人シリーズ(略して守り人シリーズと言われています)を読んでると、物語の後半ですら20歳にも満たないチャグムが、あんまりにも苦労し過ぎと思えてしょうがないですが。

彼のその後は幸せかな…?

幸せだといいけれど。



アニメ版

さらに、この精霊の守り人は、アニメ版があるので、アニメから入るのも良いですね。

特に僕がお勧めしたいのは、アニメ版だけのオリジナルストーリー『刀鍛冶かたなかじ』。

子どもの頃に宮廷抗争に巻き込まれたバルサの父親からバルサを守るように頼まれたのが、父親の親友で、凄腕の槍使いジグロでした。

このジグロはすでに物語上は死んでいるのですが、ジグロを知る刀鍛冶屋さんが話に出て来ます。

もう、この刀鍛冶の上品なじいさん、話し方からして凄く味があるんですよね。

声優をしている堀勝之祐ほり かつのすけさんは、銀河英雄伝説の旧アニメ版のコルネリアス・ルッツ役をしていた方ですが(他にも、初代ガンダムのレビル将軍、トップを狙えのタカヤ提督など。すみません、古くて…。)、おじいちゃん役が素敵です(これ、褒めてます)。

この1話だけでも、良い映画1本見たくらいの力を貰えると思ってます。



僕が初めて会ったイスラエル人のアニメ好きな男の子が
『ナージ トーベ トベ♪』
と歌を口ずさんでいました。

聞き覚えがある歌だったんで、
今の歌、何の歌だったかなー、ジブリか…?
と思い返してみて、はたと気づいたのがアニメ『精霊の守り人』の後半で出て来た歌でした。

イスラエル人に何故知ってるのか尋ねると、イスラエルでは日本のアニメを字幕付きで放映してるそうな。

他国の人にも浸透するアニメ。

これはお勧めです。



『流れ行く者』

しかし、僕が1番お勧めしたい話は、守り人シリーズの中で、短編集を集めた『流れ行く者』です。

この本は、死んだ男のお化け騒動があったりして、どこか夏を感じさせる話がありました。

内容の良さも手伝って、夏休みの読書感想文に良いんじゃないか、と思っています。

もちろん、守り人シリーズはすべて良い本です。

でも、バルサやバルサの怪我を治す友人のタンダ、この2人の子ども時代が読めて、さらにジグロが出て来てのやりとりが良いんです。

この長い長い守り人シリーズで、ジグロが出て来るシーンはただでさえ少ないです。(物語の最初から死んでますし)

ところが、この短編集では貴重な事に、物語中で唯一ジグロが笑うシーンが読めるんです。

バルサから見て、ジグロの笑顔は最初笑っているのが分からなかったみたいですが…。
reading_boy_convert_20190617213001 (1)

ジグロを笑わせたのはタンダという男の子のおバカな行為で、僕の中でタンダへの評価が爆上がりした本です。

まさか…、まさかあのいつも無愛想なジグロを、笑わせる…だと…。

不幸な運命を背負わされてしまった男にも、こんなシーンがあったんだな、という事に凄く安心しました。

それと共に、このシーンはバルサがタンダといた1日の出来事を、ジグロに話して聞かせている場面ですが、ジグロに物語中唯一の微笑みがあった事で、いかにジグロがバルサの事を考えて生きているか分かったような気がして、何か泣けて来るんですよね。
(その後、ジグロがバルサに話す事も含めて、ね…。)

この短編集は、個人的にご飯関係の描写がおいしそうなので、それもお勧め。

『あしょ飯』というタンダの村で農作業後に振る舞われるご飯が出て来ますが、僕には熊野古道の名物の『めはりずし』に見えました。

めはりずし
1560775598319_convert_20190617214835 (1)

僕はまだ食べた事がないんですが、美味しそうなんですよ…。

お祭りで出て来るあぶった鶏肉とかの描写も美味しそう。

この小説の筆者である上橋菜穂子さんの書いた本に出て来た食べ物がまとめられてる、『バルサの食卓』という本が出ています。

図書館で探して、貸し出し中だったまま今に至り、読んでません…。




バルサの食卓 (新潮文庫)


だから、あしょ飯が出てるかどうかも知りませんが…。

もし読んでみようかな、と思ったあなたは、ぜひ読んでみて下さい。

僕も読みたいな。

大変な生涯を送った女性の話を紹介した関連リンク

おじいちゃん先生との出会い
よければこちらも読んで下さいね。

ここまで読んで下さった皆さん、お疲れさまです。ありがとうございました。
(^^ゞ


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村






関連記事

気に入ったらシェア!

サエッキー
この記事を書いた人: サエッキー
東南アジアを中心に活動中。経験した事の備忘録です。
見やすい記事を目指します。
(´・ω・`)

コメント0件

コメントはまだありません